概要

1966年

330 P3

330 P2の発展型である330 P3は、新しいチューブラーシャシーとグラスファイバー製タブの組み合わせが特徴で、エンジンとギアボックスもストレスメンバーとして機能し、剛性を高めていました。P2のエンジンと比較すると、P3のV12はシリンダーヘッドの設計が新しくなり、ウェバーキャブレターに代わってルーカスの燃料噴射が採用されたことなどが功を奏し、ほぼ30 kgの軽量化を果たしています。パークス/スカルフィオッティ組が挙げたスパの勝利、サーティース/パークス組が挙げたモンツァの勝利が330 P3にとって重要な戦績です。

Ferrari 330 P3 - 1966

高精細「330 P3」の厳選ベスト・ショット。フォトギャラリーでは、この1966年型フェラーリ・モデルの細部および最も重要部分とともに車輌の際立つ特徴をお愉しみいただけます。

主要諸元

V12 エンジン

タイプ ミドシップ縦置き・ 60度 V型12気筒
ボア・ストローク 77 x 71 mm
1気筒あたり排気量 330.62 cc
総排気量 3967cc
圧縮比 10.5 : 1
最高出力 309 kW (420 hp) at 8000 rpm
リッターあたり出力 106 hp/ℓ
最大トルク -
バルブ作動システム DOHC1気筒あたり2バルブ
燃料供給 ルーカス・インジェクション
点火装置 ツインスパーク
潤滑システム ドライサンプ
クラッチ マルチプレート
フレーム スチール製チューブラーフレーム
サスペンション 前 独立懸架、ダブルウィッシュボーン、コイルスプリング、筒型ショックアブソーバー、アンチロールバー
サスペンション 後 独立懸架、ダブルウィッシュボーン、コイルスプリング、筒型ショックアブソーバー、アンチロールバー
ブレーキ ディスク
トランスミッション 前進5段+後進1段
ステアリング ラック&ピニオン
タンク容量 114ℓ
タイヤサイズ 前 5.50 x 15
タイヤサイズ 後 7.00 x 15
タイプ 2座スパイダー、クーペ
全長 4170 mm
全幅 1780 mm
全高 950 mm
ホイールベース 2400 mm
トレッド 前 1462 mm
トレッド 後 1431 mm
車重 851 kg(乾燥重量)
最高速度 310 km/h
0-100 km/h -
0-400 m -
0-1000 m -