概要

1957年

335 S

315 S直系の後継車である335 Sは、忌まわしい記憶がまつわる1957年のミッレミリアでデビューしました。体調を崩したルイジ・ムッソに代わり、スタート直前にアルフォンソ・デ・ポルターゴが搭乗することが決まります。グイディゾットに差しかかったころ、3位を走行中のデ・ポルターゴに悲劇が襲います。デ・ポルターゴとコドライバー、さらには観客14名が死亡するというアクシデントが起こったのです。この事故を契機に反対論が火を噴き、イタリアでの高速公道レースは幕を閉じます。335 Sはルマンにも出場し、120 mphを超える平均スピードを出し、最速ラップを記録しました。ベネズエラ1000 kmでは1-2フィニッシュを飾り、フェラーリにマニュファクチャラーズタイトルをもたらしました。

Ferrari 335 S - 1957

主要諸元

V12 エンジン

タイプ フロント縦置き・60度V型12気筒
ボア・ストローク 77 x 72 mm
1気筒あたり排気量 335.27 cc
総排気量 4023cc
圧縮比 9.2 : 1
最高出力 287 kW (390 hp) at 7400 rpm
リッターあたり出力 97 hp/ℓ
最大トルク -
バルブ作動システム DOHC1気筒あたり2バルブ
燃料供給 ウェバー44 DCNキャブレター(×6)
点火装置 ツインスパーク
潤滑システム ドライサンプ
クラッチ マルチプレート
フレーム スチール製チューブラーフレーム
サスペンション 前 独立懸架、ダブルウィッシュボーン、コイルスプリング、油圧ショックアブソーバー
サスペンション 後 ド・ディオンアクセル、リーフスプリング、油圧ショックアブソーバー
ブレーキ ドラム
トランスミッション 前進4段+後進1段
ステアリング ウォーム&セクター
タンク容量 -
タイヤサイズ 前 6.00 x 16
タイヤサイズ 後 7.00 x 16
タイプ 2座スパイダー
全長 -
全幅 -
全高 -
ホイールベース 2350 mm
トレッド 前 1296 mm
トレッド 後 1310 mm
車重 880 kg(乾燥重量)
最高速度 300 km/h
0-100 km/h -
0-400 m -
0-1000 m -