概要

Ferrari 340 MM - 1953

1953年

340 MM

340 MMは1953年のミッレミリア用に作られ、ジャンニーノ・マルツォットが見事、ヴィニャーレボディを架装したバルケッタを勝利に導きました。マルツォットはレース中、142 km/hを上回るスピードで走り、平均スピード記録を塗り替えました。しかし、その途方もないパワーのおかげで、実に操縦しにくいマシンという側面もあったのです。このマシンの実力を充分に引き出せるドライバーは、ほんのひと握りでした。ジジ・ヴィロレージはそうした偉大なドライバーのひとりで、同じ年のジーロ・ディ・シチリアを、爆音高らかに制したのです。F1チャンピオンのアルベルト・アスカリも、340 MMの開発に一役買っています。

高精細「340 MM」の厳選ベスト・ショット。フォトギャラリーでは、この1953年型フェラーリ・モデルの細部および最も重要部分とともに車輌の際立つ特徴をお愉しみいただけます。

主要諸元

V12 エンジン

タイプ フロント縦置き・60度V型12気筒
ボア・ストローク 80 x 68 mm
1気筒あたり排気量 341.80 cc
総排気量 4101 cc
圧縮比 8 : 1
最高出力 206 kW (280 hp) at 6600 rpm
リッターあたり出力 68 hp/ℓ
最大トルク -
バルブ作動システム SOHC 1気筒あたり2バルブ
燃料供給 ウェバー(トリプル)40 DCFキャブレター
点火装置 1気筒あたり1プラグ
潤滑システム ウェットサンプ
クラッチ マルチプレート
フレーム スチール製チューブラーフレーム
サスペンション 前 独立懸架、ダブルウィッシュボーン、リーフスプリング、油圧ショックアブソーバー
サスペンション 後 ライブアクセル、半楕円スプリング、油圧ショックアブソーバー
ブレーキ ドラム
トランスミッション 前進5段+後進1段
ステアリング ウォーム&セクター
タンク容量 177ℓ
タイヤサイズ 前 5.50 x 16
タイヤサイズ 後 6.50 x 16
タイプ 2座クーペ、スパイダー
全長 -
全幅 -
全高 -
ホイールベース 2500 mm
トレッド 前 1325 mm
トレッド 後 1320 mm
車重 850 kg (スパイダーの乾燥重量)
最高速度 282 km/h
0-100 km/h -
0-400 m -
0-1000 m -