Ferrari 355 F1 Berlinetta - 1997

概要

355 F1 Berlinetta

1997年

355F1ベルリネッタは革新的なF1スタイルのギアシフトシステムを備える最初のロードカーで、ベルリネッタ、GTS、スパイダーの3バリエーションすべてに用意されていました。F1が生んだこの技術は1989シーズンに初めて登場し、ブラジルGPでフェラーリチームに優勝をもたらしています。電子制御油圧システムは、F355のコンベンショナルな6速マニュアルギアボックスと組み合わされ、ステアリングホイールの裏側についたパドルで操作します。

フォーカス・オン

新型トランスミッションは、とても速いギアチェンジを実現するとともに、ステアリングホイールから手を離すことなく変速できるようになりました。

すべてのフェラーリ新型モデルのデザインは、フェラーリ独自の文化と経験、また積極的な実験と研究から生み出された技術革新の影響を強く反映させながら、スタイルとエンジニアリングを統合することで、卓越した性能を実現させています。

続き
Ferrari 355 F1 Berlinetta - 1997
Ferrari 355 F1 Berlinetta - 1997

デザイン

ピニンファリーナがデザインした「355 F1」では、フェラーリならではの伝統的な部分と、よりパワフルで革新的な部分との融合によって、代表的なフェラーリ・スタイルを生かしつつ、前例のないような車輌を創造しました。「355 F1 」は、リッター当り109cvというその強大なパワーが示すように、エンジニアリングの傑作です。後述する数値と圧倒的なトルクは、新設計5バルブ・シリンダーヘッドの採用によって実現したものです。このモデルの3,496ccエンジンは、出力380cvを誇ります。このような優れた性能数値は、特にアンダーボディーに重点を置いたエアロダイナミクス改善策の結果もたらされました。

この「355 F1」と「F355」を比較して異なる点は、F1スタイルのギアボックス・マネジメント・システムが搭載されたことです。これはF1マシンと同様、高度のソフトウェアによってマニュアル・ギアボックスをコントロールします。ステアリングホイール両サイド背面に設置されたパドルによってシフト・チェンジします。そのため、ドライバーはステアリングホイールから手を離すことなく変速できるようになりました。

ボディとシャシー

2シーター「355 F1 ベルリネッタ」のボディは、アルミニウムとスチール製です。また、ボディスタイルは、前後アクスル間のダウンフォース(CI)が均一となるよう設計されたフルボディ・アンダートレイを含め、優れたエアロダイナミクス・デザインを採用しました。一方、キャビンは、安全性と快適なドライビングを両立させるべく設計されました。シートとトリムはコノリー・レーザー製で、コンポジット素材のレーシング・シートがスペシャル・オーダーできました。

シャシーは、エンジンおよびサスペンションを搭載する鋼管リア・サブフレーム付きのスチール製モノコック構造です。サスペンションは、前後とも独立不等長ウィッシュボーンとコイル・スプリング、そして2段階のセッティングが可能なガス封入式テレスコピック電子制御ダンパーとの組み合わせでアンチ ロール・バーも装備しています。ステアリングは、パワー・アシスト付きラック&ピニオンで、オプションでパワー・アシストを廃した機械式ギアも選択できました。ブレーキは、ABSシステム搭載のATE製キャリパーとベンチレーテッド・ディスクを装備しています。また、装着するホイールは18インチマグネシウム製です。

Ferrari 355 F1 Berlinetta - 1997
Ferrari 355 F1 Berlinetta - 1997

エンジン

ミッド・リアに搭載する3,496 cc 90° V8エンジンは、縦置きマウントで、出力380cv、比出力109cv/1Lを誇る5バルブDOHCです。また、コンロッドはチタニウム製で、コントロール・ユニットにはボッシュのM5.2を採用しました。ミッションはドライ・サンプ式のリバース付き6速でクラッチは乾式単盤、F1スタイルのギアボックス・コントロール・システムを装備します。

高精細「355 F1 ベルリネッタ」の厳選ベスト・ショット。フォトギャラリーでは、この1997年型フェラーリ・モデルの細部および最も重要部分とともに車輌の際立つ特徴をお愉しみいただけます。

高精細「355 F1 ベルリネッタ」の厳選ベスト・ショット。フォトギャラリーでは、この1997年型フェラーリ・モデルの細部および最も重要部分とともに車輌の際立つ特徴をお愉しみいただけます。