概要

1997年

355 F1 Spider

これは革新的なF1スタイルのギアシフトシステムを備える最初のロードカーで、ベルリネッタ、GTS、スパイダーの3バリエーションすべてに用意されていました。

Ferrari 355 F1 Spider - 1997

フォーカス・オン

Ferrari 355 F1 Spider - 1997

F1が生んだこの技術は1989シーズンに初めて登場し、ブラジルGPでフェラーリチームに優勝をもたらしています。電子制御油圧システムは、F355のコンベンショナルな6速マニュアルギアボックスと組み合わされ、ステアリングホイールの裏側についたパドルで操作します。新型トランスミッションは電光石火のギアシフトを可能にするばかりか、ドライバーはどんな場合も両手でステアリングを握っていられるという、これまでになかったメリットをもたらしたのです。

続き

スパイダーの歴史

フェラーリ史上、最初のモデルはオープン・トップのスパイダーでした。スパイダー・モデルは、エンツォ・フェラーリの心の中で常に特別な存在でした。やがてスパイダーは、フェラーリの中でも特別な存在となっていきました。スポーティーであることを極めたエンジニアリングとオープントップ・ドライビングのスリルのふたつが、すべてのフェラーリ・スパイダーに息づいているのです。「355 F1スパイダー」は、ベルリネッタ・モデルと「GTS」で広く認知された卓越した性能と、効率に優れた電子操作式セミオート・ソフトトップの組み合わせによって、スパイダー・モデルの基準を新たなレベルまで高めたモデルです。

1気筒当り5バルブを採用し、380cvを発生するフレキシブルなエンジン、比出力109cv/1Lのパワーアウトプット、0-100 km/h加速4.7秒、37 kgmのトルクなど、ピニンファリーナがデザインした「355 F1スパイダー」には、名車に仕立て上げた「F355」の要素をそのまま受け継がれています。「355 F1スパイダー」は、「F355スパイダー」にF1スタイルのギアボックス・マネジメント・システムを採用したモデルです。「F355 F1スパイダー」の電子油圧システムは、F1マシンのそれと同じように、高度のソフトウェアによってマニュアル・ギアボックスをコントロールします。ステアリングホイール両サイド背面に設置されたパドルによってシフト・チェンジします。そのため、ドライバーはステアリングホイールから手を離すことなく変速できるようになりました。

Ferrari 355 F1 Spider - 1997
Ferrari 355 F1 Spider - 1997

ボディとシャシー

2シーター「355 F1スパイダー」のボディは、アルミニウムとスチール製です。また、ボディスタイルは、前後アクスル間のダウンフォース(CI)が均一となるよう設計されたフルボディ・アンダートレイを含め、優れたエアロダイナミクス・デザインを採用しました。一方、キャビンは、安全性と快適なドライビングを両立させるべく設計されました。シートとトリムはコノリー・レーザー製で、コンポジット素材のレーシング・シートがスペシャル・オーダーできました。

また、シャシーは、エンジンおよびサスペンションを搭載する鋼管リア・サブフレーム付きのスチール製モノコック構造です。サスペンションは、前後とも独立不等長ウィッシュボーンとコイル・スプリング、そして2段階のセッティングが可能なガス封入式テレスコピック電子制御ダンパーとの組み合わせでアンチ ロール・バーも装備しています。ステアリングは、パワー・アシスト付きラック&ピニオンで、オプションでパワー・アシストを廃した機械式ギアも選択できました。ブレーキは、ABSシステム搭載のATE製キャリパーとベンチレーテッド・ディスクを装備しています。また、装着するホイールは18インチマグネシウム製です。

ミッド・リアに搭載する3,496 cc 90° V8エンジンは、縦置きマウントで、出力380cv、比出力109cv/1Lを誇る5バルブDOHCです。また、コンロッドはチタニウム製で、コントロール・ユニットにはボッシュのM5.2を採用しました。ミッションはドライ・サンプ式のリバース付き6速でクラッチは乾式単盤、F1スタイルのギアボックス・コントロール・システムを装備します。

Ferrari 355 F1 Spider - 1997

高精細「355 F1 スパイダー」の厳選ベスト・ショット。フォトギャラリーでは、この1997年型フェラーリ・モデルの細部および最も重要部分とともに車輌の際立つ特徴をお愉しみいただけます。

高精細「355 F1 スパイダー」の厳選ベスト・ショット。フォトギャラリーでは、この1997年型フェラーリ・モデルの細部および最も重要部分とともに車輌の際立つ特徴をお愉しみいただけます。

主要諸元

V8  エンジン

タイプ ミドシップ縦置き・90度V型8気筒
ボア・ストローク 85 x 77 mm
1気筒あたり排気量 436.94 cc
総排気量 3495 cc
圧縮比 11 : 1
最高出力 279 kW (380 hp) at 8250 rpm
リッターあたり出力 109 hp/ℓ
最大トルク 363 Nm (37 kgm) at 6000 rpm
バルブ作動システム DOHC1気筒あたり5バルブ
燃料供給 ボッシュ・モトロニック M5.2 電子制御式インジェクション
点火装置 ボッシュ・モトロニック M5.2点火システム
潤滑システム ドライサンプ
クラッチ シングルプレート
フレーム スチール製チューブラーフレーム
サスペンション 前 独立懸架、ダブルウィッシュボーン、コイルスプリング、ガス封入式アブソーバー、アンチロールバー
サスペンション 後 独立懸架、ダブルウィッシュボーン、コイルスプリング、ガス封入式アブソーバー、アンチロールバー
ブレーキ ディスク
トランスミッション F1 前進6段+後進1段
ステアリング ラック&ピニオン
タンク容量 82ℓ
タイヤサイズ 前 225/40 ZR 18
タイヤサイズ 後 265/40 ZR 18
タイプ 2座スパイダー
全長 4250 mm
全幅 1900 mm
全高 1170 mm
ホイールベース 2450 mm
トレッド 前 1514 mm
トレッド 後 1615 mm
車重 1350 kg(乾燥重量)
最高速度 295 km/h
0-100 km/h 4.7 秒
0-400 m 12.9 秒
0-1000 m 23.7 秒