Ferrari 360 GTC - 2004

概要

360 GTC

2004年

360 GTCはマラネロのコルセ・クリエンティ部門がミケロット・アウトモビリの協力を得て開発したモデル。先代の360 GTでテストされ、多くの成功を収めた最新のテクノロジーを採用していました。360 GTと比べると、360 GTは空力面での改善が顕著。風洞テストの結果、リアウィングの位置が変更になり、ダウンフォースが大幅に増強されているのです。

360 GTCは、レギュレーションが定める最低重量ちょうどの1100 kgに仕上がっています。ボディにコンポジット材を用いた結果で、オリジナルパーツの強度を保ちつつ、大幅な軽量化に成功しています。

Ferrari 360 GTC - 2004

高精細「360 GTC」の厳選ベスト・ショット。フォトギャラリーでは、この2004年型フェラーリ・モデルの細部および最も重要部分とともに車輌の際立つ特徴をお愉しみいただけます。

主要諸元

V8 エンジン

タイプ ミドシップ縦置き・90度V型8気筒
ボア・ストローク 85 x 79 mm
1気筒あたり排気量 448.29 cc
総排気量 3586cc
圧縮比 11:1
最高出力 331 kW (450 hp) at 8750 rpm
リッターあたり出力 125 hp/ℓ
最大トルク 410 Nm (42 kgm) at 6500 rpm
バルブ作動システム DOHC1気筒あたり5バルブ
燃料供給 マネッティマレリ電子制御式インジェクション
点火装置 マネッティマレリ1気筒あたり1プラグ
潤滑システム ドライサンプ
クラッチ ツインプレート
フレーム アルミスペースフレーム
サスペンション 前 独立懸架、ダブルウィッシュボーン、コイルスプリング、筒型ショックアブソーバー、アンチロールバー
サスペンション 後 独立懸架、ダブルウィッシュボーン、コイルスプリング、筒型ショックアブソーバー、アンチロールバー
ブレーキ ディスク
トランスミッション シーケンシャル前進6段+後進1段
ステアリング ラック&ピニオン
タンク容量 100ℓ
タイヤサイズ 前 265/645 x 18
タイヤサイズ 後 305/680 x 18
タイプ 2座クーペ
全長 4557 mm
全幅 1982 mm
全高 1185 mm
ホイールベース 2600 mm
トレッド 前 1714 mm
トレッド 後 1573 mm
車重 1100 kg(乾燥重量)
最高速度 -
0-100 km/h -
0-400 m -
0-1000 m -