概要

Ferrari 365 GT 2+2 - 1967

1967年

365 GT 2+2

365 GT 2+2は1967年のパリ・サロンに初めて展示されました。500スーパーファストの後継車であり、250 GTE と330 GT 2+2の伝統を守るモデルでした。エレガントにして堂々たるラインからなる365 GT 2+2は、アメリカ仕様ではパワーステアリングとエアコンを標準装備する初のフェラーリであり、広々したラゲッジコンパートメントと2人の大人が楽に座れる後席を備えていました。

Focus on

365GT2+2は1967年のパリ・サロンでデビューしました。330GT2+2の後継車で、1971年序盤までの3年あまりにわたって生産されます。ピニンファリーナがデザインし、そのファクトリーで組み立てられ、内装の取り付けまで完了した状態でフェラーリに送られ、フェラーリがメカニカルコンポーネントを組み込みました。

続き
Ferrari 365 GT 2+2 - 1967
Ferrari 365 GT 2+2 - 1967

ボディ

365GT2+2のフロントは365カリフォルニアのフロントに似ていると言われます。ただしコーナーバンパーは大きく、このモデルの専用パーツである車幅灯/方向指示器のアッセンブリーをバンパー前面に内蔵していました。黒いプラスチック製のエンジン熱気抜きルーバーがボンネット後端にある、スカットル両端部に位置します。

5グラスのキャビンプロファイルは330GT2+2より長くなっています。キャビンからのラインは浅い傾斜角でリアウィンドウに至り、そのリアウィンドウはほぼフラットなトランクリッドに流れ込み、スクエアなカムテールで終わります。

テールパネルには1組のクロームメッキを施した角形ベゼルが備わり、なかに3つの丸形レンズアッセンブリーが横に並んで収まります。そしてその下に全幅にわたるクロームメッキのバンパーが走っています。リアサスペンションに備わる、コニと共同開発の油圧制御のセルフレベリング装置は、荷重を問わず秀逸なロードホールディングを保証するものです。1967年から1971年までにおよそ800台が生産されています。

365GT2+2のホイールベースは330GT2+2と同じでしたが、エレガントなボディは広く低く、一回り大柄に見えました。その理由は前後のオーバーハングが伸びたためで、このため全長も160mm以上長くなっています。当初はシリーズ2 330GT2+2と同じ10穴の軽合金ホイールを履いていましたが、後に星形5本スポークに変わります。

生産期間を通じてボラーニ製ワイアホイールがオプションで用意されていました。ホイールのデザインが変わった時期と相前後して、フェンダーのえぐられた部分の奥深くに位置したヘッドライトの位置はそのままに、プレキシグラス製カバーが装着されなくなっています。

Ferrari 365 GT 2+2 - 1967
Ferrari 365 GT 2+2 - 1967

シャシーとエンジン

ボディはホイールベース2650mmのティーポ591シャシー上に構築され、すべてロードカー用の奇数のシャシーナンバーが打刻されました。330GT2+2と同様な方法で作られており、2本の大口径楕円チューブが縦方向に走り、この2本を頑丈なクロスメンバーが繋ぐとともに、メインフレームにサブアッセンブリーが溶接され、それがボディと補機類を支持します。このモデルの新機軸はリア独立サスペンションにセルフレベリング装置が備わったことで、荷重を問わず一定の車高を維持しました。まとまった数をシリーズ生産したモデルとしては、パワーアシストステアリングを標準で装備した初めてのフェラーリでもありました。ハンドルは左右どちらの仕様でも選ぶことが可能でした。

エンジンは各バンクに1本のカムシャフトを持つ4.4リッターV12のティーポ245。81mm x 71mmのボア・ストロークから4390ccの排気量を得ています。プラグはVバンクの外側に位置します。ツインチョークのウェバー40 DFI/5キャブレターを3基備え、点火は2基のコイル、ディストリビューターはエンジンの後方にマウントされました。公表出力は320hpとなっています。エンジンはオールシンクロメッシュ5速ギアボックスと組み合わされ、駆動力はプロペラシャフトを介してデフに伝えられました。そこからハーフシャフトを介して左右独立に吊られた後輪を駆動します。

高精細「365 GT 2+2」の厳選ベスト・ショット。フォトギャラリーでは、この1967年型フェラーリ・モデルの細部および最も重要部分とともに車輌の際立つ特徴をお愉しみいただけます。

主要諸元

V12 エンジン

タイプ フロント縦置き・60度V型12気筒
ボア・ストローク 81 x 71 mm
1気筒あたり排気量 365.86 cc
総排気量 4390 cc
圧縮比 8.8 : 1
最高出力 235 kW (320 hp) at 6600 rpm
リッターあたり出力 73 hp/ℓ
最大トルク -
バルブ作動システム SOHC 1気筒あたり2バルブ
燃料供給 ウェバー(トリプル)40 DFI/5キャブレター
点火装置 1気筒あたり1プラグ、2コイル
潤滑システム ウェットサンプ
クラッチ シングルプレート
フレーム スチール製チューブラーフレーム
サスペンション 前 独立懸架、ダブルウィッシュボーン、コイルスプリング、筒型ショックアブソーバー、アンチロールバー
サスペンション 後 独立懸架、ダブルウィッシュボーン、コイルスプリング、筒型ショックアブソーバー、アンチロールバー、セルフレベリング機構付き
ブレーキ ディスク
トランスミッション 前進5段+後進1段
ステアリング パワーアシスト付きリサーキュレイティング・ボール
タンク容量 100ℓ
タイヤサイズ 前 205 x 15
タイヤサイズ 後 205 x 15
タイプ 2+2クーペ
全長 4974 mm
全幅 1786 mm
全高 1345 mm
ホイールベース 2650 mm
トレッド 前 1438 mm
トレッド 後 1468 mm
車重 1480 kg(乾燥重量)
最高速度 245 km/h
0-100 km/h -
0-400 m -
0-1000 m -