概要

Ferrari 365 GTS - 1969

1969年

365 GTS

1969年の2月から10月にかけて生産された365 GTSは、365 GT 2+2や365 GTCと同じ洗練された機構を備えたクルマでした。3基のウェバーキャブレターが燃料を供給する60°V12は目覚ましくトルキーで、汲めどもつきぬパワーを秘めていました。5速ギアボックスをリアにマウントすることで、前後アクスルにかかる荷重を均一にしていたことが特徴です。エアコンとワイアホイールがオプションで用意された365 GTSは、わずか20台生産されたにすぎません。

フォーカス・オン

1968年終盤、365GTS“スパイダー”が330GTSに取って代わった。ただし第1号車が製作されたのは1969年に入ってからのことだった。外観は先代モデルとほぼ同一だが、フロントフェンダーのサイド部にあったエンジンの熱気抜きスリットが姿を消し、代わりにボンネット後端部の左右コーナー近くに黒いプラスチック製の台形をしたルーバーパネルが備わった。

これ以外、唯一の外観上の違いは、330GTSのトランクリッドには“Ferrari”のエンブレムの下に“330”というエンブレムが並んでいたのに対し、365GTSでは“Ferrari”のエンブレムだけになったことである。

続き
Ferrari 365 GTS - 1969
Ferrari 365 GTS - 1969

ボディ

室内に目を移すと、ダッシュボードとセンターコンソールに細かな変更が施されており、そのなかでもっとも目立つのはダッシュ上部の中央に、風向きを変えられるデミスターの吹き出し口が追加になった点だ。330GTS同様、ボディはトリノにあるピニンファリーナの工房で組み立てられ、内装の取りつけを完了した状態でフェラーリに納められ、メカニカルコンポーネントの組み付けが行われた。

フロントスクリーンのトップレールに組み込まれた1組のクリップが、365GTSのソフトトップを立てた状態で保持する。一方、シート背後のくぼみに収納したときにはその上にビニール製の保護カバーがかかる。これ以外は姉妹車である365GTCと同一だ。ボディは、社内コードネームティーポ592Cと呼ばれた、ロードカー用の奇数のシャシーナンバーが打刻されるチューブラースチールシャシー上に架装された。ホイールベースは2400 mm、シャシーナンバーは12163から12493にいたる。なお、365GTSはすべて左ハンドルである。メカニカル部分での変更はエンジン排気量だけなので、レイアウトは先代モデルとほぼ同一だ。標準のホイールも先代モデルに用いられたのと同じ10穴の軽合金ホイールで、ボラーニのワイアホイールがオプションで注文できた点も変わりはない。

エンジン

エンジンは330GTS用の拡大版で、365GTSが発表されたときにすでに生産が始まっていた365GT2+2に搭載されたユニットと同一だ。社内コードネーム245/CのSOHC V12 は81mm x 71mmのボア・ストロークから4390ccの排気量を得ていた。ツインチョークウェバー40 DFI/5か、40 DFI/7キャブレターを3基備え、点火コイルは2個、エンジン後方にディストリビューターが2個マウントされていた。公表出力は320hpである。

365GTSと姉妹車の365GTCは、発表時、SOHCヘッドを備えるエンジンを搭載していた最後のフェラーリとなる。確かに365GTCの生産が終わった後も365GT2+2の生産は続いたが、365GTCが発表されたとき、365GT2+2はすでに生産に入っていたからだ。365GTSは330GTSと同じ5速トランスアクスル・トランスミッションと独立リアサスペンションを共用しており、60年代幕開け以降のすべてのフェラーリ同様、4輪ディスクブレーキを採用していた。なお、ケーブル作動のパーキングブレーキは後輪に効いた。

365GTSの生産期間はごく短く、1969年にはカタログから落とされた。生産台数はわずか20台で、この時代の希少なモデルのひとつとなっている。

高精細「365 GTS」の厳選ベスト・ショット。フォトギャラリーでは、この1969年型フェラーリ・モデルの細部および最も重要部分とともに車輌の際立つ特徴をお愉しみいただけます。

主要諸元

V12  エンジン

タイプ フロント縦置き・60度V型12気筒
ボア・ストローク 81 x 71 mm
1気筒あたり排気量 365.86 cc
総排気量 4390 cc
圧縮比 8.8 : 1
最高出力 235 kW (320 hp) at 6600 rpm
リッターあたり出力 73 hp/ℓ
最大トルク -
バルブ作動システム SOHC 1気筒あたり2バルブ
燃料供給 ウェバー40 DFI/5キャブレター(トリプル)
点火装置 1気筒あたり1プラグ、2コイル
潤滑システム ウェットサンプ
クラッチ シングルプレート
フレーム スチール製チューブラーフレーム
サスペンション 前 独立懸架、ダブルウィッシュボーン、コイルスプリング、筒型ショックアブソーバー、アンチロールバー
サスペンション 後 独立懸架、ダブルウィッシュボーン、コイルスプリング、筒型ショックアブソーバー、アンチロールバー
ブレーキ ディスク
トランスミッション 前進5段+後進1段
ステアリング ウォーム&ローラー
タンク容量 90ℓ
タイヤサイズ 前 205 x 14
タイヤサイズ 後 205 x 14
タイプ 2座スパイダー
全長 4470 mm
全幅 1670 mm
全高 1300 mm
ホイールベース 2400 mm
トレッド 前 1401 mm
トレッド 後 1417 mm
車重 1350 kg(乾燥重量)
最高速度 245 km/h
0-100 km/h -
0-400 m -
0-1000 m -