Ferrari 365 GTS4 - 1969

概要

365 GTS4

1969年

365 GTB/4のコンヴァーティブル版は1969年のフランクフルト・ショーでデビューし、一般の人々からもメディアからも熱狂的に迎えられました。機構部分も動力性能もクーペと同じですが、そのスタイルは今日の目で見ても依然として際だったものです。

フォーカス・オン

365 カリフォルニアの後継車であり、高価格であったにもかかわらず、販売面でもアメリカを中心に一定の成功を収めました。今日のアメリカではカリスマ的な存在となっています。365GTB/4が登場してほぼ1年後、スパイダー版の365GTS/4が1969年のフランクフルト・ショーで発表されています。ウェストラインから下は視覚的にはまったく同一で、折りたためるルーフとトランクリッドの形状が異なるだけです。

スパイダーはとりわけアメリカ市場で非常に人気が高く、導入されると365GTB/4の販売台数のほぼ10%に相当する数を占めるようになりました。

続き
Ferrari 365 GTS4 - 1969
Ferrari 365 GTS4 - 1969

類型

これ以降、数多くのベルリネッタがルーフを切り取られ、スパイダーに姿を変えることになります。スパイダーへのコンバージョンは流行になり、1980年代終盤にピークを極めました。これは、スパイダーのオリジナルモデルの中古車価格が急騰したためです。ベルリネッタとスパイダーはともに1973年まで製造され、これまでのフェラーリの例からすると生産期間は長く、122台のスパイダーが作られています。シャシーナンバーは14365から始まり17073にいたります。

ところで、1969年のパリ・サロンにはシャシーナンバー12925の上に架装された“スペチアーレ”クーペがピニンファリーナにより展示されています。ステンレス製ロールフープ、ファスナーで留めるリアウィンドウが特徴でしたが、ルーフセクションは固定パネルでした。テールセクションがオリジナルより長く、リアのコーナーバンパーがサイドに大きく回り込んでいるのも特徴的でした。これとは別に、NARTのトップ、ルイジ・キネッティとその息子、ルイジ・キネッティ・ジュニアの注文に応じて、ミケロッティがオリジナルボディを降ろした上で、架装したスペシャルボディが数台存在します。

ボディ

ボディはホイールベース2400mmのティーポ605シャシー上に構築され、すべてロードカー用の奇数のシャシーナンバーが打刻されました。同時代の他のモデルと基本的に同じ方法で作られており、2本の大口径断面の楕円チューブが縦方向に走り、この2本を頑丈なクロスメンバーが繋ぐとともに、サブフレームがボディと補機類を支持しました。ハンドルは左右どちらでも選ぶことができました。

標準のホイールは星形5本スポークの軽合金製で、ラッジのセンターハブにノックオフ式スピンナーが付きます。ただし、法規の関係からアメリカ仕様と、一部の輸出仕様では大型のセンターナットで固定されています。ボラーニ製ワイアホイールは生産期間を通じてオプションで用意されていました。

Ferrari 365 GTS4 - 1969
Ferrari 365 GTS4 - 1969

エンジン

エンジンは365GTB/4に搭載されたのと同じV12ユニットで、社内コードネームはティーポ251でした。81mm x 71mmのボア・ストロークから4390ccの排気量を得ており、潤滑はドライサンプでした。ツインチョークのウェバー40 DCN20あるいは21キャブレターを6基備え、北米仕様はシャシーナンバーの最後にAの文字が付くことで区別されます。点火は2基のコイルにより、ディストリビューターはエンジンの後方にマウントされました。

北米仕様には電子制御の点火システムが備わり、公表出力は352bhp。北米仕様では、排ガスに含まれる有害物質を抑えるため、ファストアイドル機構や、排気マニフォールドに仕込まれたエアインジェクションなど、数々のデバイスが追加されています。駆動力はフライホイールにマウントされるクラッチを通過した後、トルクチューブ内の、エンジンスピードと等速で回転するプロペラシャフトを介して5速のトランスアクスルに伝達されました。そのトランスアクスルのマウント方法は275GTB/4と同じで、トランスアクスルから左右のハーフシャフトを介して独立に吊られる後輪に駆動力を伝達します。リアサスペンションは、ダブルウィシュボーン、コイルスプリング、油圧ダンパーで構成されます。

高精細「365 GTS4」の厳選ベスト・ショット。フォトギャラリーでは、この1969年型フェラーリ・モデルの細部および最も重要部分とともに車輌の際立つ特徴をお愉しみいただけます。

主要諸元

V12  エンジン

タイプ フロント縦置き・60度V型12気筒
ボア・ストローク 81 x 71 mm
1気筒あたり排気量 365.86 cc
総排気量 4390 cc
圧縮比 8.8 : 1
最高出力 259 kW (352 hp) at 7500 rpm
リッターあたり出力 80 hp/ℓ
最大トルク 431 Nm (44 kgm) at 5500 rpm
バルブ作動システム DOHC1気筒あたり2バルブ
燃料供給 ウェバー40 DCN 20 キャブレター(×6)
点火装置 1気筒あたり1プラグ、2コイル
潤滑システム ドライサンプ
クラッチ シングルプレート
フレーム スチール製チューブラーフレーム
サスペンション 前 独立懸架、ダブルウィッシュボーン、コイルスプリング、筒型ショックアブソーバー、アンチロールバー
サスペンション 後 独立懸架、ダブルウィッシュボーン、コイルスプリング、筒型ショックアブソーバー、アンチロールバー
ブレーキ ディスク
トランスミッション 前進5段+後進1段
ステアリング ウォーム&ローラー
タンク容量 128ℓ
タイヤサイズ 前 215/70 VR 15
タイヤサイズ 後 215/70 VR 15
タイプ 2座スパイダー
全長 4450 mm
全幅 1740 mm
全高 1250 mm
ホイールベース 2400 mm
トレッド 前 1440 mm
トレッド 後 1453 mm
車重 -
最高速度 280 km/h
0-100 km/h -
0-400 m -
0-1000 m -