概要

1979年

400 Automatic i

1979年11月、400 オートマティックi が400オートマティックへと進化しました。モデル名の最後に付く“i”はインジェクションを意味します。これまで片バンク当たり3基並んでいたサイドドラフト・ウェバーキャブレターに代わって、燃料噴射システムが採用されたのです。採用されたのはボッシュのK-ジェトロニックでした。同時に、ツインディストリビューターに代わって、シネプレックス電子制御点火システムが採用されます。エンジンのリア右側にマウントされるディストリビューターは、シングルへと変更されました。

Ferrari 400 Automatic i - 1979

フォーカス・オン

Ferrari 400 Automatic i - 1979

1979年11月、400オートマティックi が400オートマティックの後継としてデビューしました。モデル名の最後に付く“i”はインジェクションを意味します。これまで片バンク当たり3基並んでいたサイドドラフト・ウェバーキャブレターに代わり、燃料噴射システムが採用になったのです。採用されたのはボッシュのK-ジェトロニックでした。同時に、ツインディストリビューターに代わり、ディノプレックス(翻訳者注:ファイル1の53ページではシネプレックスと表記されています)電子制御点火システムが採用になり、エンジンのリア右側にマウントされるディストリビューターはシングルになりました。燃料噴射を採用したのは世界中でますます厳しさを増しつつあった排ガス基準を満たすためでしたが、それでも公表パワーは310bhpに減少せざるをえませんでした。社内コードネームF101 D070と呼ばれたV12エンジンは、81mm x 78mmのボア・ストロークから4823ccの排気量を得ました。このエンジンと組み合わされたのはボーグ・ワーナーの3速ATで、駆動力はプロペラシャフトを介してリミテッドスリップデフに伝わり、さらに左右のハーフシャフトを介して独立サスペンションで吊られた後輪へと伝わりました。なお、後輪には自動車高調整装置が備わりました。

続き

400オートマティックiは、テールに“i”のエンブレムが付く以外、エクステリア、インテリアともに見た目は先代モデルと同じだったが、シャシーの社内コードネームはF 101 DL 170に改まっていた。1982年終盤、いくつかの変更が施されました。エンジンではカムプロファイルの形状が見直され、エグゾーストマニフォールドが新しくなり、これで約5 bhpのパワーアップを果たしました。一方、リアサスペンションに備わる自動車高調整装置はガス封入式へと変更になり、ホイールがメトリック表示に変わり、これまで以上にロープロファイルのタイアと組み合わされました。室内に目を転じると、内装のステッチパターン、ドアパネルのデザイン、センターコンソールのレイアウトが変わりました。外装では、ドアミラーがよりエレガントな形状に改まり、“Ferrari”と記されたエナメルの小さな盾が台座の上に据えられました。ラジエターグリルの幅が縮まった分、ドライビングライトがむき出しになり、併せてそのドライビングライトの形状が正方形から長方形に変わりました。またボンネット上の、ラジエターの熱気抜きルーバーがボディカラーと同色になり、高輝度フォグランプがリアバンパーに組み込まれました。

従来の400シリーズ同様、ピニンファリーナが内装まで仕上げたボディをフェラーリに納め、フェラーリがメカニカルコンポーネントを組み入れました。ハンドルは左右どちらの仕様でも選ぶことができ、パワーアシストが標準で備わりました。ただしこの時期の12気筒モデル同様、北米仕様は用意されませんでした。1985年までの生産期間中、シャシーナンバー27987から55523にいたる883台が製作されました。

Ferrari 400 Automatic i - 1979

高精細「400 オートマティックi 」の厳選ベスト・ショット。フォトギャラリーでは、この1979年型フェラーリ・モデルの細部および最も重要部分とともに車輌の際立つ特徴をお愉しみいただけます。

高精細「400 オートマティックi 」の厳選ベスト・ショット。フォトギャラリーでは、この1979年型フェラーリ・モデルの細部および最も重要部分とともに車輌の際立つ特徴をお愉しみいただけます。

主要諸元

V12 エンジン

タイプ フロント縦置き・60度V型12気筒
ボア・ストローク 81 x 78 mm
1気筒あたり排気量 401.93 cc
総排気量 4823cc
圧縮比 8.8 : 1
最高出力 228 kW (310 hp) at 6500 rpm
リッターあたり出力 64 hp/ℓ
最大トルク -
バルブ作動システム DOHC1気筒あたり2バルブ
燃料供給 ボッシュKジェトロニック・インジェクション
点火装置 1気筒あたり1プラグ
潤滑システム ウェットサンプ
クラッチ トルクコンバータ
フレーム スチール製チューブラーフレーム
サスペンション 前 独立懸架、ダブルウィッシュボーン、コイルスプリング、筒型ショックアブソーバー、アンチロールバー
サスペンション 後 独立懸架、ダブルウィッシュボーン、コイルスプリング、筒型ショックアブソーバー、アンチロールバー、セルフレベリング機構付き
ブレーキ ディスク
トランスミッション 3段オートマチック + 後進1段
ステアリング パワーアシスト付きリサーキュレイティング・ボール
タンク容量 120ℓ
タイヤサイズ 前 215/70 VR 15
タイヤサイズ 後 215/70 VR 15
タイプ 2+2クーペ
全長 4810 mm
全幅 1798 mm
全高 1314 mm
ホイールベース 2700 mm
トレッド 前 1470 mm
トレッド 後 1500 mm
車重 1830 kg(乾燥重量)
最高速度 240 km/h
0-100 km/h -
0-400 m 16.4秒
0-1000 m 29.2 秒