Ferrari 456M GT - 1998

概要

456M GT

1998年

456MにはGTと、ATを備えるGTAの2バージョンがあります。フェラーリ伝統の2+2モデルはこれまでも大きな成功を収めており、456Mはその進化版となります。1992年に発表された456GTは、21世紀を見据えて設計された最初のフェラーリ。サルーンに匹敵する快適で広いキャビンと、クラスのトップを行くパフォーマンスとを両立させたことで、マラネロの顧客から高い評価を得ました。

フォーカス・オン

4人の大人が寛ぐことができるクーペとして企画された456 GTは、FRレイアウトに回帰したフェラーリという側面あります。ギアボックスとリアデフが一体化されることで、理想的な前後重量配分を実現したばかりか、広々したキャビンとトランクを実現しています。

続き
Ferrari 456M GT - 1998
Ferrari 456M GT - 1998

ボディ

6 速 + リバースのマニュアル ギア・ボックスを備えた 456M の GT バージョンは、フェラーリ伝統の 4 シーター(2 + 2)で、幅広い用途に使える利便性を維持しながらも、正統なフェラーリを求めるオーナーにとりわけ人気がありました。

ピニンファリーナがデザインした 456M GT は、 5474 cc V12 エンジンの強大なパフォーマンスと GT としての快適な居住性を両立させています。また、フロント・エンジンとリア ギア・ボックスは、キャビン・スペースの確保と操縦性、安全性の両立を実現するという観点から最も理にかなったものです。

クリアなフロント・デザインとリア・バンパーに取り付けられたリトラクタブル・ウイングには、エアロダイナミクスに対する細心の注意が払われました。フロント・アクスル ライフは、リア・デフューザーに施されたのと同様、特殊な形状のフロント・バンパー スポイラーとボンネットによって最適化されました。

シャシー

456M GT は、チューブラー式スチール製シャシーで、このシャシーにはフェランとして知られる特別なホイールが使われており、アルミニウム・パネルがスポット溶接されています。これはシャシーがアルミニウムの軽量とスチールの剛性の両面を併せ持っている事を意味します。軽量化のためにフロント・ボンネットはカーボン・ファイバーとなっています。

4 シーターのキャビンはコノリー レザー・トリムで、シートはポジション・メモリ機構付きの電子制御調整式。計器類は複数のゲージからなるアナログ式。また、 456M GTは全自動空調システム、ソーラー・ラジエーション センサー、そしてステレオ・システムを備えています。

Ferrari 456M GT - 1998
Ferrari 456M GT - 1998

エンジン

チューブラー式スチール製スペースフレーム・シャシーは、スタビライザーアームとアンチダイブ・ジオメトリーのダブル・ウィッシュボーンを備えた四輪独立式サスペンションと連結されています。電子制御式ガスダンパーには 2 通りのセッティングが可能で、サーボトロニック・パワーアシスト付きステアリングはラック&ピニオン式、ブレーキはABSとリア・ブレーキ コレクター付きベンチレーテッド・ディスク式。またこのクルマは最もトリッキーなコンディションで強力に安全性を改善するアンチスキッド・システムとリンクした ASR トラクション・コントロール・システムをも備えています。

442 馬力の 5474 cc 65° V12 エンジンはフロントに縦置きされ、 1 気筒あたり 4 バルブとツイン オーバーヘッド・カムを備えています。エンジンのマネージメント・システムはボッシュ製 5.2 。乾式シングルプレート・クラッチとドライサンプ式潤滑システムも備えています。

456M GT は、 6 速 + リバースの機械式ギア・ボックスを備えています。

高精細「456M GT」の厳選ベスト・ショット。フォトギャラリーでは、この1998年型フェラーリ・モデルの細部および最も重要部分とともに車輌の際立つ特徴をお愉しみいただけます。

高精細「456M GT」の厳選ベスト・ショット。フォトギャラリーでは、この1998年型フェラーリ・モデルの細部および最も重要部分とともに車輌の際立つ特徴をお愉しみいただけます。

主要諸元

V12  エンジン

タイプ フロント縦置き・ 65度 V型12気筒
ボア・ストローク 88 x 75 mm
1気筒あたり排気量 456.16 cc
総排気量 5473 cc
圧縮比 10.6 : 1
最高出力 325 kW (442 hp) at 6250 rpm
リッターあたり出力 81 hp/ℓ
最大トルク 550 Nm (56 kgm) at 4500 rpm
バルブ作動システム DOHC1気筒あたり4バルブ
燃料供給 ボッシュ・モトロニック M5.2インジェクション
点火装置 ボッシュ・モトロニック M5.2点火システム
潤滑システム ドライサンプ
クラッチ シングルプレート
フレーム スチール製チューブラーフレーム
サスペンション 前 独立懸架、ダブルウィッシュボーン、コイルスプリング、ガス封入式アブソーバー、アンチロールバー
サスペンション 後 セルフレベリング機構付き 独立懸架、ダブルウィッシュボーン、コイルスプリング、ガス封入式アブソーバー、アンチロールバー
ブレーキ ディスク
トランスミッション 前進6段+後進1段
ステアリング ラック&ピニオン
タンク容量 110ℓ
タイヤサイズ 前 255/45 ZR 17
タイヤサイズ 後 285/40 ZR 17
タイプ 2+2 クーペ
全長 4763 mm
全幅 1920 mm
全高 1300 mm
ホイールベース 2600 mm
トレッド 前 1585 mm
トレッド 後 1606 mm
車重 1690 kg(乾燥重量)
最高速度 300 km/h
0-100 km/h 5.2 秒
0-400 m 13.3 秒
0-1000 m 23.3 秒
市街地テスト・サイクルECE (ユーロ 2 基準) 34,4 l/100 km
郊外テスト・サイクルEUDC (ユーロ 2 基準) 14,8 l/100 km
燃料消費量(ECE+EUDC 複合サイクル) (ユーロ 2 基準) 22,0 l/100 km
CO2排出量合算 (ユーロ 2 基準) 495 g/km
市街地テスト・サイクルECE (ユーロ 3 基準) 35,1 l/100 km
郊外テスト・サイクルEUDC (ユーロ 3 基準) 13,8 l/100 km
燃料消費量(ECE+EUDC 複合サイクル) (ユーロ 3 基準) 21,6 l/100 km
CO2排出量合算 (ユーロ 3 基準) 495 g/km