ユニークな オープンエア・
パフォーマンス

概要

究極、本質、
極上

    458 Speciale Aの「A」は、「アペルタ(Aperta)」の「A」です。多彩なバージョン展開で大成功を納めている458の特別限定仕様モデルです。

    458は数多くの国際的な自動車メディアにおける賞を受賞しているだけでなく、WEC(FIA世界耐久選手権)でのダブルタイトルをはじめ、ル・マン24時間、デイトナ24時間、セブリング12時間などの歴史ある耐久レースで数々のクラス優勝を獲得しています。

    フォト・ギャラリー

    続き
     

    458 Speciale Aの生産台数はわずか499台となり、限られたフェラーリ・コレクターの方々のみが手にすることになります。プランシング・ホース(跳ね馬)の歴史の中でもっともパワフルなスパイダー・モデルで、究極のパフォーマンスと、オープントップ・ドライビングの極上の爽快感を高次元で両立させています。アルミニウム製のリトラクタブル・ハードトップは、わずか14秒で開閉可能となっており、さらに、Specialeのクーペモデルと比較して重量増を50kgに抑えました。

    458 Speciale Aに搭載されるエンジンは、フェラーリが生産するロードカー用の自然給気V8エンジンとしては最もパワフルなエンジンです。最高出力605cv(リッター出力135cv)、最大トルク540Nm/6,000rpmを発生させながら、CO2排出量はわずか275g/kmに抑えています。コクピットの特性プレートには、受賞した3つの国際的なベストパフォーマンス・エンジン賞が記念に刻まれています。


    0-100km/h加速はわずか3.0秒となり、フィオラーノのラップ・タイムは1分23秒5という俊足に大きく貢献するのが、前後の可変エアロダイナミクス・デバイスと10種類のアルミニウム合金による高剛性シャシー、そしてコンディションを問わず、痛快なスポーツドライビングを可能にするサイド・スリップ・アングル・コントロール(SSC)です。もちろん、フェラーリならではの魅惑的なエグゾースト・サウンドも大きな魅力として忘れることはできません。

    そしてプランシング・ホース(跳ね馬)が送り出す全てのロードカー同様に、パフォーマンスの追求によって458 Speciale Aの力強いフォルムが生まれました。その結果、ボディーワークに施された一連の革新的かつ独創的な手法によって、458 Speciale Aは、フェラーリのスパイダー・モデルの中でも最もエアロダイナミクスに優れたデザインとなっています。

    主な
    受賞歴

    受賞歴
    Auto BildSportscars の...

    Auto Bild readers

    受賞歴
    コンバーチブル・...

    Top Gear

    デザイン

    458 Speciale A のキャビン

    主要点を 捜し求め

    余分な要素を排除したキャビンは、アルカンターラ©やカーボンファイバーといった、フェラーリの洗練された職人技術による軽量かつ他にはない素材が施され、レーシングカーの印象を強く感じさせる独特な雰囲気に包まれています。特にダッシュボード、モジュール式のドア・パネル、センタートンネルなどはカーボンファイバー製となっています(トレッドプレートにも採用)。

    コクピットは、素材と形状を巧みに組み合わせることで、視覚的な圧迫感を抑えて十分な空間を確保しています。

    458 Speciale A のキャビン

    ダッシュボードのグローブコンパートメントに代わり、センタートンネルとドアには便利な小物入れが複数設けられており、合理的に空間を利用しています。

    従来にも増して人間工学を追求したコクピットは極めて機能的です。特徴的なブリッジ、センタートンネル部に伸びるカーボンファイバー製ウイングによって、F1ギヤボックスの制御系はドライバー側寄りに配置されています。

    シートは新設計となり、シェルはサベルトのカーボンファイバー製で、人間工学に優れた設計によりサイドサポートが強化されています。ショルダー部はアルカンターラによって着座時のサポートを向上させ、バックレストと座面には通気性の良い3D素材を採用して快適性を向上させています。

    458 Speciale A の ボディワーク

    フォルムが
    パフォーマンス
    生む

    プランシング・ホース(跳ね馬)のすべての車輌に共通することですが、美しい彫刻のような458 Speciale Aのフォルムは、パフォーマンスを優先され生み出されたものです。パッセンジャー・セルをはじめ、特徴的な車輌デザインの特性を損なうことなく、ボディパネルの多くがデザインし直されました。

    複合素材製の前後のバンパーも見直され、フロント・ボンネットには深いエア排出口が2カ所設けられており、ラジエーターを通った空気の排出を促進します。

    458 Speciale A の ボディワーク

    ヘッドライト・アッセンブリー脇にあるエア・アウトレットには、250 GTOやF40といった、かつてのパワフルかつスポーティーなフェラーリを想起させる3つのルーバーが設けられました。リアは全幅にわたるグリルとツイン・エギゾーストを備えたカムテール形状を採用しました。

    458 Speciale Aは、Blu Nart(ブルー・ナート)とBianco Avus(ビアンコ・アヴュス)のセンター・ストライプを配したイエローという、特異なカラーリングで登場しました。新型5本スポークの鍛造ホイールには、Oro(オーロ)、Grigio Corsa((グリジォ・コルサ)とダイヤモンド仕上げマット・ブラックの3色が用意されます。

    イノベーション

    パワートレイン

    9,000rpmで605cv発生する458 Speciale Aのエンジンは、マラネッロで生み出された自然給気V8エンジンとしては最もパワフルなエンジンとなっています。

    続き

    9,000rpmで605cv発生する458 Speciale Aのエンジンは、マラネッロで生み出された自然給気V8エンジンとしては最もパワフルなエンジンとなっています。さらに、このタイプのロードカー用パワーユニットの出力としては新記録となる、135cv/1リットルを記録しました。この2つの数値だけでも、この4,497ccミッド・リア・エンジンの卓越した実力を雄弁に物語っています。また、車輌全域を網羅する研究開発によって、2.21kg/cvという傑出したパワーウェイトレシオを達成し、0-100km/h加速3秒(0-200km/h加速9.5秒)、フィオラーノのラップタイプ1分23秒5という比類のない性能を得ています。

    458 Specialeでは燃焼効率、機械効率、そして容積効率のすべてが大幅に向上しており、全回転域でゆとりあるトルクを発生させるために14対1という高い圧縮比を実現しています。これはこの種のエンジンとしては最高となる値です。



    また、F1の専門知識や技術のフィードバックが基本となっていることは明らかで、単に設計段階だけでなく、製造や制御の課程にまで及んでいます。エンジンは、最先端技術を駆使した鋳造構造によって内製され、やはり最先端技術を注ぎ込んだ各コンポーネントは、構造、ディメンションの両面で究極の性能を備えています。まさにスクーデリア製シングルシーターと同様の過程となっています。

    エンジニアは目標を達成するために、流体力学的に燃焼室を進化させ、新たにインテーク・サイズ、カムプロファイルを見直しています。しかし、これらは進化の一部に過ぎません。コンポーネントのいくつかは刷新され(ピストンとコンロッド・ブッシングには新素材を採用)、これらも目標達成に大きく貢献しました。最後に、クランクシャフトとインテーク・システムもまたデザインし直されており、特に後者によって、エンジン重量は8kgもの軽量化を実現させました。

    また、テールパイプの位置およびサイレンサーの仕様、さらにインレット・トラクトのリデザインの見直しによって、コクピット内においても、そして車外においても、妥協のないサウンドを生み出しています。

    リトラクタブル・ハードトップ

    458 Speciale Aには、特徴的な構造で今やフェラーリのスパイダー・モデルの象徴ともなった革新的なリトラクタブル・ハードトップ(RHT)が採用されています。

    続き

    極めて軽く、コンパクトかつ機能的なこのRHTは、わずか14秒で開閉可能です。その動作は途切れることなくスムーズで、2つのセクションが同時に回転するメカニズムは極めて印象的です。

    RHTはまた、コクピットの快適性を格段に向上させました。クローズ状態では外部を遮断し、遮音性も高めます。また高速走行時には、ルーフ部に高い圧力が掛かりますが変形することもなく、ダブルバブル形状と相まって乗員のスペースと快適性を確保しています。

    格納されるルーフの容積は、わずか100リットルに過ぎず、通常のコンバーチブル・ハードトップにおける150〜200リットルと比較しても極めてコンパクトといえます。

    ガラス製の電動式リア・ウインドウは、RHTの開閉状態に関わらず任意の高さに設定することができ、オープン時での高速走行においてもキャビンの高い快適性を保ちます。実際、時速200kmの走行時においても、乗員は普通に会話を楽しむことができます。

    ルーフが格納されるときには、リア・ウインドウは自動で最適なポジションである約1/3ほどの高さに調整されます。この高さは、流体力学によるシミュレーションと1/1スケールの風洞実験によって導きだされたもので、乗員の背後や首筋に乱気流が発生するのを防ぎます。

    エアロダイナミクス

    458 Speciale Aは、揚抗比1.37とフェラーリの歴史の中でも、もっともエアロダイナミクス特性に優れたスパイダーです。

    続き

    458 Speciale Aは、揚抗比1.37とフェラーリの歴史の中でも、もっともエアロダイナミクス特性に優れたスパイダーです。一連の独創的かつ革新的な技術によって、極めて高いダウンフォース(CL値0.485)と極めて低い空気抵抗(CD値0.355)を実現しているのです。

    要となっているのは、フェラーリが特許を持つアクティブ・エアロダイナミクスで、コーナリングではダウンフォースを最大に、直線ではドラッグを最小限に抑えるなど、様々に変化する異なる状況に合わせて、最適な効果を発揮します。

    フロント部分には、2つの垂直フラップと、アンダーボディに1枚の水平フラップを備えています。これらは比較的低い速度域では閉じており、エンジン冷却のために必要な気流を、ラジエーターに導きます。時速170kmを超えると垂直のフラップが開き、ラジエーターへの気流を抑制し、空気抵抗を低減させます。そして時速220kmを超えると、前後のダウンフォースのバランスを図るために水平フラップが下がり、全体のダウンフォース量の20%をリア寄りに再設定します。

    フロント・バンパーの両サイドにあるスプリッター側面の大部分を占めているターニングベーンは、ダウンフォース増加に寄与するだけでなく、エアロダイナミクス・バランスを4%フロント寄りに調整する効果を発揮します。エアロダイナミクス・フィンもまた同様です。

    フロント部のダムによって、フロント・スプリッター前端部からすぐに気流を分離させるゾーンがつくられ、フラットアンダーボディ前端部の膨らみも同様の働きをすることで、フロント部分の圧力を減らしています。

    リア・スポイラーは、広い面積を持ち、引き延ばされた形状と相まってリアのCL値を7ポイント向上させています。

    加えて、テールパイプ位置を移すことで、ディフューザーがデザインし直され、アンダーボディからの空気排出量を増加させ、車輌後方部全体により大きなダウンフォースを発生させています。

    さらにダウンフォースを強めているのが可変式リヤフラップです。電子制御により角度を立てる、あるいは寝かすことができ(立てるとよりダウンフォースが増え、寝かすことで空気抵抗を最小限に抑えます)、もっとも低く寝かせた17度の状態では気流をストールさせてディフューザーの機能を相殺し、CD値を3ポイント向上させることができます。

    ビークルダイナミクス

    458 SPECIALEのエレクトロニクス、ブレーキ、サスペンション、そしてタイヤまでに卓越した技術革新が注ぎ込まれています。

    続き

    458 Speciale Aでは、電子制御やブレーキ、サスペンション、タイヤに至るまで革新的な技術が注ぎ込まれています。それにより、サーキット1周のタイムを短縮したというだけでなく、プロフェッショナル・ドライバーでなくとも連続して優れたパフォーマンスを引き出すことができるのです。ドライバーには比類のないドライビング・プレジャーが待っていることでしょう。

    ステアリング入力に対する反応は極めて俊敏で(0.060秒)、横Gは1.33と、性能を重視するオーナー向けに、これまでフェラーリが製造してきたこの種類の車輌としては最高の数値となります。


    サイドスリップ・アングル・コントロール(SSC)

    電子制御システムに目を向けると、世界初となるサイド・スリップ・アングル・コントロール(SSC)と、進化したF1トランスミッション・ギアシフト・コントロールが重要なポイントとなります。このSSCは、極めて洗練されたアルゴリズムにより、車輌の横滑り角を瞬時に算出して参照データと比較することで、適切なエンジン・トルクを発生させ、左右の駆動輪へのトルク配分も制御します。マネッティーノの設定がRACEまたはCT OFFの場合、458 Speciale Aは得られるグリップを最大限に生かして、限界域でも容易に安定したマシン・コントロールを可能にします。


    ギア・シフト・ストラテジー

    458 Speciale Aのスポーツ性をさらに強調するのがデュアルクラッチ・トランスミッションです。反応速度の短縮によって、シフトアップ時の回転合わせが20%早くなり、加速は40%向上しました。一方、シフトダウンの際にエンジンの回転数を合わせるために要する時間は44%も早められています。

    ブレーキ・システム

    ブレンボ製ブレーキ・システムは、すべてのコンポーネントを進化させるとともに、LaFerrariで採用した技術も導入しました。究極のデザインとなったキャリパー、シリコン含有率を高めたHT2ディスク、小型化したHYハイブリッド素材のフロント・パッドなどの新機構によって、458 Spiderと比べて制動距離を最大8%短縮、同時にシビアな使用状況下でも安定した性能を維持します。


    周波数形SCM-E

    458 Speciale Aは、ターンインの際に極めて効率的に、より速く、より鋭く、チャレンジングに向きを変えます。このドライビング・プレジャーを支えているのが、入力に対する超高速反応と、操作量の少ないステアリングです。中でも威力を発揮しているのが、周波数形SCM-E(Frs SCM-E)ダンパーで、ツイン・ソレノイドと新型CPU、それに新プログラムによって磁界を1/1000秒単位で調整します。

    タイヤ&ホイール

    458 Speciale Aに装着されるのは、専用設計されたミシュラン・パイロットスポーツCup2です。グリップレベルを6%引き上げ、ドライ路面でのシングルラップ・パフォーマンスを向上させると同時に連続周回でも安定した性能を維持するコンパウンドを採用し、同時にウェット路面でも優れたグリップ力を発揮します。

    新設計の20インチ鍛造ホイールは、458 Spiderと比べて12kgもの軽量化を実現しています。

    主要諸元

    V8エンジン

    フェラーリ史上最も強力な自然吸気V8エンジン

    エアロ効率

    1,37

    比出力

    135 cv/リットル

    横方向加速度

    1,33 G

    形式 90 度V8 -ダイレクトイグニッション-ドライサンプ
    ボア・ストローク 94 x 81 mm
    総排気量 4497 cm3
    圧縮比 14.0:1
    最高出力 605CV/9,000rpm
    比出力 135CV/リットル
    最大トルク 540 Nm at 6000 rpm
    最高回転数(リミッター) 9000 rpm
    **ラム効果による3.7kW 含む
    全長 4571 mm
    全幅 1951 mm
    全高 1204 mm
    ホイールベース 2650 mm
    フロント・トレッド 1679 mm
    リア・トレッド 1632 mm
    乾燥重量* 1340 kg
    装備重量* 1445 kg
    重量配分 42%フロント、58%リア
    パワー・ウエイトレシオ 2.21 kg/cv
    燃料タンク容量 86 ℓ
    *オプション装備の場合
    フロント 245/35 ZR20 J9.0
    リア 305/30 ZR 20 J11.0
    フロント 398 x 223 x 36 mm
    リア 360 x 233 x 32 mm
    ESC (スタビリティ・コントロール)
    ハイパフォーマンスABS/EBD (ハイパフォーマンス・アンチロック・ブレーキシステム /電子制動力ディストリビューション)
    F1-Trac (F1 トラクション・コントロール)
    E-Diff 3 (第3世代電子ディファレンシャル)
    SSC (サイドスリップ・アングル・コントロール)
    Frs SCM-E (周波数分析システムとツイン・ソレノイドを装備した磁性流体サスペンション 制御)
    形式 7 速F1 デュアルクラッチ・トランスミッション
    最高速度 320 km/h 以上
    0-100 km/h 3.0 秒
    0-200 km/h 9.5 秒
    0-400 m 10.8 秒
    0-1000 m 19.6 秒
    100 - 0 km/h 31 m
    200 – 0 km/h 122 m
    フィオラーノ・ラップタイム 1 分23 秒5
    燃料消費量 11.8 リットル/100km
    CO2 排出量 275 gr/km
    **HELE システム搭載による複合サイクル(ECE+EUDC 複合サイクル)

    ディーラー検索