Ferrari 512 M - 1970

概要

512 M

1970年

512 M(Mはモディファイドの意味)は512 S直系の子孫です。512 Sから得た経験をもとにフェラーリのエンジニアは、リアに一層強力なディスクブレーキを採用し、サスペンションを一新しました。1気筒あたり5バルブの軽量パワフルなエンジンは、基本アーキテクチャを512 Sから引き継ぎ、新たに高効率なシリンダーヘッドが備わりました。

ボディもデザインの見直しが行われ、より低くなり、空力面も向上しました。ツェルトベク・サーキットで1970年にデビューした512 Mは、翌1971にマニュファクチャラーズ世界選手権に参戦します。

高精細「512 M」の厳選ベスト・ショット。フォトギャラリーでは、この1970年型フェラーリ・モデルの細部および最も重要部分とともに車輌の際立つ特徴をお愉しみいただけます。

主要諸元

V12 エンジン

タイプ ミドシップ縦置き・ 60度 V型12気筒
ボア・ストローク 87 x 70 mm
1気筒あたり排気量 416.13 cc
総排気量 4993cc
圧縮比 11.5 : 1
最高出力 449 kW (610 hp) at 9000 rpm
リッターあたり出力 122 hp/ℓ
最大トルク -
バルブ作動システム DOHC1気筒あたり4バルブ
燃料供給 ルーカス・インジェクション
点火装置 1気筒あたり1プラグ
潤滑システム ドライサンプ
クラッチ マルチプレート
フレーム スチール製チューブラーフレーム
サスペンション 前 独立懸架、ダブルウィッシュボーン、コイルスプリング、筒型ショックアブソーバー、アンチロールバー
サスペンション 後 独立懸架、ダブルウィッシュボーン、コイルスプリング、筒型ショックアブソーバー、アンチロールバー
ブレーキ ディスク
トランスミッション 前進5段+後進1段
ステアリング ラック&ピニオン
タンク容量 120ℓ
タイヤサイズ 前 4.25-11.50-15
タイヤサイズ 後 6.00-14.50-15
タイプ 2座クーペ
全長 4180 mm
全幅 2015 mm
全高 985 mm
ホイールベース 2400 mm
トレッド 前 1518 mm
トレッド 後 1511 mm
車重 815 kg(乾燥重量)
最高速度 310 km/h
0-100 km/h -
0-400 m -
0-1000 m -