Ferrari 550 Barchetta Pininfarina - 2000

概要

550 Barchetta Pininfarina

2000年

550 バルケッタ・ピニンファリーナは、ピニンファリーナ創業70周年記念モデルとして、2000年のパリ・サロンでデビューしました。完全な限定モデルで、作られたのは448台のみ。最後の1台がファクトリーを出たのは2001年12月のことでした。

フォーカス・オン

純粋に機能に徹したフロントエンジンV12ロードスターで、たとえば166MMといったモデルの流れをくむモデルだと考えられます。緊急用の手動ソフトトップがこのモデルの性格を端的に表します。シンプルな方法を採ったことが功を奏して、シャシーに補強材を追加したにもかかわらず空車重量はクーペと変わりませんでした。

続き
Ferrari 550 Barchetta Pininfarina - 2000
Ferrari 550 Barchetta Pininfarina - 2000

550 バルケッタ・ピニンファリーナは、166 MM 、 250 GT カリフォルニア、 365 GTS 4 デイトナのような、伝説的な美しさに彩られたフェラーリのロード・レースのスターたちを彷彿させます。デザインの目標は、フロントに 12 気筒エンジンを搭載し、ヒストリカルな感覚を備えたオープン・トップを創造することでした。 550 バルケッタ・ピニンファリーナは、最も純粋で研ぎ澄まされたフェラーリ スポーツ・カーの中でも個性的な 一台として開発され、発表当時には慎重かつ挑発的なモデルでした。 448 台の特別限定車輌として販売され、すべての車輌が 2001 年にマラネッロで生産されました。車輌は 1 台ずつナンバリングされ、セルジオ・ピニンファリーナによってサインされた特別なプラーク(銘板)が室内にディスプレイされています。

構造

550 バルケッタ・ピニンファリーナは、クラシカルなデザインをミレニアム流に解釈したものでした。すなわちフロントに 12 気筒エンジンを搭載したオープン・トップでありながら、現代的なスタイリングとテクノロジーを併せ持つ車輌。その特筆すべきデザイン上の特徴の一つは、ウィンド・スクリーンが低く切り落とされた( 550 マラネッロより 10 mm も低い)伝統的なバルケッタ・スタイルと、ロア・セクションを取り巻くボディのカラーリングです。さらに、オープン・エア専用を目的としているため、緊急時に使用する手動のソフト・トップしか備えていません。

単純な手動のコンバーチブル・トップしか持たない機能的で飾りのないバルケッタ・タイプを採用することで、シャシーの補強と安全装備(後部のロール・バー)の追加による重量増加を相殺することができました。結果として、550 バルケッタ・ピニンファリーナは、550 マラネッロと同じ重量に収まっています。550 バルケッタ・ピニンファリーナ専用のデザインは、ホイール・アーチ上のフェラーリ・バッジ、 2 ピースのアロイ・ホイール、アルミニウム製の給油口キャップなどです。また、フェラーリのあらゆるカラー・ラインナップからボディ・カラーが選択できるということもまた特徴でした。

この車輌のインテリアは、レザーとカーボン・ファイバー製のレーシング・スタイル シート(法的に認可されている地域であれば、4 点式レース用ハーネスの装着をオーダーすることもできます)を持ち、サラブレッドとしてのスポーティーなキャラクターを明確に反映しています。ドライビング・ポジションは、人間工学的に最適化されています。ダッシュボードのラップ・アラウンドしたラインがセンター・トンネルへと魅惑的に延び、L字状のコックピットがドライバーを快適に囲むデザインを採用しました。スポーティーな外観は、キャビンのカーボン・ファイバーとブラック・ロリカ仕上げで完成の域に達しています。ロリカはセンター・トンネルとリア・バルクヘッドのトリムにも使われています。

Ferrari 550 Barchetta Pininfarina - 2000
Ferrari 550 Barchetta Pininfarina - 2000

衝撃吸収生地で裏張りされ、魅力的なレザーでトリムされた後部のロールバーは、不慮の事故の際、乗員の保護に役立つとともに、堅牢な構造にも貢献しています。ウィンド・スクリーンのフレームは完全に再設計されたもので、転覆した状況でも車輌の自重に耐えるべく、その内部には高強度の鋼管を採用。 550 バルケッタ・ピニンファリーナには、 550 マラネッロとまったく同じ 5474 cc 65°V12 エンジンを搭載しています。このエンジンは 7000 回転で 485 馬力、 5000 回転で 58 kg の最大トルクを発生。シリンダー・ブロック、シリンダー・ヘッド、サンプはすべて軽量アロイ製で、ウェット・ライナーはシニカシル・コートしたアルミニウム製です。

また、コンロッドは、長距離の高速巡航時における高回転域で信頼性の高い、Ti6a14Vチタニウム・アロイ製です。 4 バルブのシリンダー・ヘッドに、油圧タペットを採用しています。吸気および排気の配管のデザインは、フォーミュラ・ワンで使用していたものがダイレクトに反映され、容量と燃焼効率の最適化が図られています。また、可変インテーク・ジオメトリーは、トルク上昇とパワー曲線に一役買っています。

特許を取得したフェラーリ独自のシステムは、フルード ダイナミック・キャラクタリスティクスを変化させるインテーク・マニフォールドに採用しています。吸気は、エンジンの CPU でコントロールされる 12 基の電空スロットル・バルブによって取り入れられます。このコントロールは、すべてのエンジン速度域での最適なパフォーマンスを確実なものとし、全ての回転域における優れたトルクの供給を保証します。

6 速 + リバースのギア・ボックスは、重量配分向上のためにリミテッド スリップ・デフと一体化され、リアに搭載。エンジンは、 3 つのベアリングを持ち、クラッチからギア・ボックスへ駆動を供給するドライブ・シャフトを内包したスチール製チューブと確実に連結されています。自然冷却式のブレンボ製ブレーキは ABS 付きで、サスペンションは多彩なダンパーセッティングを可能にする可変ロジックと、複数のパラメータによるドライバー・アジャスタブル・システムを備えています。

Ferrari 550 Barchetta Pininfarina - 2000

高精細「550 バルケッタ・ピニンファリーナ」の厳選ベスト・ショット。フォトギャラリーでは、この2000年型フェラーリ・モデルの細部および最も重要部分とともに車輌の際立つ特徴をお愉しみいただけます。

高精細「550 バルケッタ・ピニンファリーナ」の厳選ベスト・ショット。フォトギャラリーでは、この2000年型フェラーリ・モデルの細部および最も重要部分とともに車輌の際立つ特徴をお愉しみいただけます。

主要諸元

V12 エンジン

タイプ フロント縦置き・ 65度 V型12気筒
ボア・ストローク 88 x 75 mm
1気筒あたり排気量 456.16 cc
総排気量 5473cc
圧縮比 10.8 : 1
最高出力 357 kW (485 hp) at 7000 rpm
リッターあたり出力 89 hp/ℓ
最大トルク 569 Nm (58 kgm) at 5000 rpm
バルブ作動システム DOHC1気筒あたり4バルブ
燃料供給 ボッシュ・モトロニック M5.2 電子制御式インジェクション
点火装置 ボッシュ・モトロニック M5.2点火システム
潤滑システム ドライサンプ
クラッチ シングルプレート
フレーム スチール製チューブラーフレーム
サスペンション 前 独立懸架、ダブルウィッシュボーン、コイルスプリング、ガス封入式アブソーバー、アンチロールバー
サスペンション 後 独立懸架、ダブルウィッシュボーン、コイルスプリング、ガス封入式アブソーバー、アンチロールバー
ブレーキ ディスク
トランスミッション 前進6段+後進1段
ステアリング ラック&ピニオン
タンク容量 114ℓ
タイヤサイズ 前 255/40 ZR 18
タイヤサイズ 後 295/35 ZR 18
タイプ 2座スパイダー
全長 4550 mm
全幅 1935 mm
全高 1258 mm
ホイールベース 2500 mm
トレッド 前 1632 mm
トレッド 後 1586 mm
車重 1690 kg (kerb)
最高速度 300 km/h
0-100 km/h 4.4 秒
0-400 m 12.5 秒
0-1000 m 22.6 秒