概要

スポーツ性、デザイン性、
そして革新性

    優れたパワーとパフォーマンスを誇る跳ね馬の8気筒ファミリーにFerrari Californiaが仲間入りしました。

    この車は、フラッグシップモデルの612 Scagliettiとセグメントを共にする、高級スポーツグランドツアラーでもあります。

    新型Ferrari Californiaは、卓越したダイナミクスとドライビングプレジャーを求めるなど、この上なく厳しい要求を突きつけるオーナーも満足させます。このニューモデルには、リトラクタブル・ハードトップを備えたコンバーチブルモデルのみが用意されます。

    Ferrari California
    フォトギャラリー

    続き
     

    他の現行モデルと同様、シャシーおよびボディはアルミニウム製です。Californiaは、新型V8エンジンをミッドフロントに搭載したフェラーリ史上初のモデルです。

    フェラーリの伝統に従って、このニューモデルにも複数の革新が与えられました。代表的なものとしては、リトラクタブル・ハードトップのほか、リヤの卓越した多様性を約束する独自の2+コンセプトなどがあります。また、Californiaの4,300 cc V8エンジンは、ダイレクトフューエルインジェクションと「フラット」クランクシャフトを採用している点が特徴で、最高出力460 CVを7,500 rpmで発生させます。エンジンが生み出すトルクは車両のダイナミクスを際立たせるとともに、フェラーリならではの比類ないドライビングプレジャーを提供します。


    サーキット走行を意図したデザイン

    Ferrari Californiaは、フェラーリの伝統的なトランスアクスルレイアウトを採用するとともに、エンジンの動力を7速デュアルクラッチトランスミッションによって伝達させます。これによって0 - 100 km/h加速のタイムが4.0秒を切るなど、走りのパフォーマンスが向上したほか、ドライビングプレジャーと走行快適性にも磨きがかかりました。こうしたメリットに加え、燃料消費量や排出ガス(c.310 g/km CO2)の量も抑えられています。また、新しいマルチリンクリヤサスペンションシステムも快適性の向上に貢献しています。このFerrari Californiaには、専用のF1-Tracトラクションコントロールシステムも装備されています。これは、599で初めて採用されたのをきっかけに改良が重ねられたシステムで、この新型GTモデルの特性に合わせて独自のチューニングが施されています。ブレーキシステムについては、カーボンセラミック製のディスクを採用するBrembo社製のブレーキシステムが標準装備されているため、並外れた制動性能が約束されます。

    フェラーリならではのクラシックなスタイリングを特徴としているキャビンは、フェラーリの熟練職人が高品質な素材を用いて仕上げているため、美しさを兼ね備えています。シート、ステアリングホイール、インストルメントパネル、インフォテイメントシステムなどのアクセサリーや装備を新しくしたことや、車両のエアロダイナミクスを最適化したことにより、ハードトップの開閉状態に関係なく、優れたエルゴノミクス性能を堪能しながら運転を楽しむことができます。

    Ferrari Californiaは、跳ね馬らしいスポーティなデザインと革新性、そしてかつてない多用途性を求めるオーナーに向けた1台です。このモデルは、パリモーターショーで正式に公開されますが、この先数週間のうちに、新しい写真や詳細情報が発表されます。

    デザイン

    オリジナルの 2+
    コンセプトがベース

    ピニンファリーナがFerrari Californiaをデザインしたとき、彼はクラシックで彫りの深いボディ、長いボンネット、そしてキャビンの位置を少しだけ後方に寄せることを選択しました。

    360° エクスペリエンス

    Ferrari California のすべて

    Ferrari Californiaのキャビン

    卓越した快適性

    Ferrari Californiaに乗り込むと、高品質な素材が使用されていることや、最高品質のレザーとクラフトマンの伝統的な技術によって、ダッシュボード、インテリア、およびシートが完璧に仕上げていることに気付きます。

    シートは、あらゆる方向に対しての調節が可能であるため、ドライバーは最適なドライビングポジションを選択することができます。

    バックレストのフレームはマグネシウム製で、最高の快適性とエルゴノミクスを実現させている一方、重量の軽減も達成させています。

    Ferrari Californiaのキャビン

    6.5インチのタッチスクリーンを備え、直観的な操作を可能にしている新型のインフォテイメントシステムは、最高の機能性と使いやすさを兼ね備えています。

    Ferrari Californiaのデザイナー達が最初に行ったのは、緻密で野心的な目標を設定することでした。設定された目標は、用途が限定されることのないGTモデルを創り上げるということでした。スポーツ走行にふさわしいだけでなく、ロングクルージングや街乗りにも使えるモデル。仕事にも、そして趣味のドライブにも。全長4.56 mのボディには、どんな体型の人でも快適に乗車できるほどの広いスペースが確保してあります。また、斬新な2+コンフィグレーションを採用したため、リヤシートの後方には大容量のスペースを獲得することができました。オプションで、シートとISOFIXアンカーを2つ装着すれば、リヤシートには2名のお子様を乗車させることができます。

    Ferrari Californiaのキャビン

    このほか、旅行用トロリー2個、もしくは軽量ゴルフバッグ2個を搭載できるようにするベンチをオーダーすることも可能です。どちらの場合も、リヤシートのバックレストはフェラーリ初の可倒式で、340リッターの大容量を誇るラゲッジコンパートメント(ルーフを開けた場合は240リッター)をキャビンとつなげれば、さまざまなシーンに対応します。

    ハードトップを開けた場合、ハードトップの格納に必要なラゲッジコンパートメントの容量は、340リッターのうちわずか100リッターです。ラゲッジコンパートメントは開口部が広い上にフロアがフラットであるため、使い勝手に優れています。大型のスーツケース2個と小さなスーツケース2個を積むことができるほか、バックレストを折り畳んで、ゴルフバッグ、スキー、スノーボードなどを運ぶことも可能です。

    Ferrari Californiaのボディ

    優れた革新性と
    適合性を実現

    Ferrari Californiaは、独自性の高いスポーツカーを求める人や、週末のドライブ、ロングクルージング、市街でのショッピング、オフィスへの通勤など、あらゆる場面でドライビングプレジャーを追求する人にとっての理想的なモデルです。

    リヤのラゲージルームは、このタイプのコンバーチブルでは例を見ないほどの大容量となっています。

    リヤベンチまたはリヤシートは、バックレストを倒すと、ラゲッジルームをキャビンとつなげることができます。

    Ferrari Californiaのボディ

    フェラーリは、長年のパートナーであるピニンファリーナにCaliforniaのデザインを再び依頼しました。その結果、力感に満ちた、流麗で彫りの深いラインが生み出され、ルーフの開閉状態に影響されることのない完璧なプロポーションと、バランスの取れたボリューム感が実現しました。

    スタイリングは、フェラーリが擁するスタイリングセンターとの緊密な協力体制の下で決定されました。その決定プロセスで重視されたのは、デザイン性と機能性に配慮しながらあらゆるディテールを個性的に仕上げることと、品質およびクラフトマンシップの素晴らしさを、即座にそして末永く感じてもらえるようにすることでした。

    Ferrari Californiaのボディ

    サイドビューの特徴は、ドアハンドルのレベルまで立ち上がる強烈でダイナミックなラインが、このモデルの性格にふさわしい、パワフルで力感あふれるリヤのホイールアーチを創出している点です。

    ウエストの位置は高く、ボディの曲線が美しいラインを描いています。

    サイドとリヤのラインを引き継いでいるノーズには、ティアドロップ型のランプクラスターと、フェラーリの特徴であるスラット付ラジエーターグリルが配されています。ボンネットのスリムなエアインテークと、サイドエアベントは、1957年型Ferrari California 250の特徴を再現したものです。

    イノベーション

    シャシーとボディ

    Californiaのシャシーは、スカリエッティ・センター・オブ・エクセレンスが、最先端のアルミ加工技術などの製造テクノロジーを駆使して生産したもので、剛性や性能にまったく影響を与えることなく30 kgの軽量化を実現させています。

    リトラクタブル・ハードトップ

    リトラクタブル・ハードトップ(RHT)は、その動作、開閉速度、格納方法、および使用素材などの点で他に類を見ないものとなっています。

    続き

    このRHTは、複数の動作が連続的に展開するのではなく、同時に進行するという点で他と一線を画しており、開閉サイクルにかかる時間が最適化されています。事実、カバーと折り畳まれたルーフの双方が同時に動くため、一連の動作が数秒で完了します。

    2つのセクションの凹面がきれいに重なって折り畳まれるため、オープントップ走行時でも、ラゲッジルームには240リッターの容量が確保されます。

    この格納システムはスペース効率を追求してあるため、ハードトップを開けた場合でも、ラゲッジルームには2個のスーツケースを積むことができます。

    ロールバーは、万一の車両横転時に乗員を保護するパッシブ・セーフティシステムです。

    このシステムは、リヤシートのバックレスト後方に組み込まれています。通常時はリヤバックレストのトリムで隠されているため、その存在を確認することができません。

    車両が横転しそうになるとセーフティコントロールユニットがその状況を検知し、190ミリ秒という驚くべき短時間のうちにロールバーを展開させます。

    パワートレイン

    これは、V8エンジンをミッドフロントに搭載したフェラーリ初のオンロードカーです。

    このエンジンはオールアルミ合金製で、シリンダーバンク角90°、180°クランクというフェラーリ特有のアーキテクチャを採用しています。

    総排気量は4,300 ccで、最高出力は338 kW/460 cv(7,750 rpm)におよびます。また、比出力は107 cv/リッターで、最大トルクは485 Nm(49 kgm)/5,000 rpmを発生。最大トルクの75%は、わずか2,250 rpmという低回転で生み出されます。Ferrari Californiaの0 - 100 km/h加速におけるタイムは4秒を切っており、最高速度は310 km/hに達します。

    続き

    新型V8エンジンは、ダイレクトフューエルインジェクションと可変バルブタイミング機構(吸気側および排気側)を採用していることから、卓越した性能と並外れたハンドリングに加え、低燃費と優れた環境性能も約束します。排出ガス基準については、最も厳格なEuro 5およびLev2規制を余裕でクリアしています。こうしたソリューションを採用したこともあり、Ferrari Californiaの燃料消費量はわずか13.1 リッター/100 km(ECE 複合)、炭素排出量は305.6 gkm(ECE 複合)に抑えられています。

    Californiaに対しては、エンジンサウンドのチューニングに関しても特別な配慮がなされています。それは、エンジンサウンドがフェラーリの大きな特徴であるとともに、ドライビングプレジャーを向上させるための重要な要素にもなっているためです。特に注意がなされたのは、フェラーリのトレードマークにもなっているスリリングなサウンドを、ハードトップの開閉状態に関係なく、乗員が快適に味わえるようにすることでした。


    ビークルダイナミクス

    Ferrari Californiaには、専用トラクションコントロールシステムが装備されます。これは、599で初めて導入されたもので、その後430 Scuderiaにも採用されています。

    このシステムは、新型GTの特性を考慮して最適化されたもので、そこには長年にわたって蓄積してきたレースでの経験が活かされています。

    このシステムを搭載しているため、運転経験が浅いドライバーでも、車両のコーナリング性能や安全性および安定性を最大限に引き出すことが可能です。

    マルチリンクサスペンションが、横方向に対する車両の剛性を高いレベルで維持しつつ、前後方向の柔軟性を向上させます。

    続き


    マルチリンクサスペンション

    Ferrari Californiaは、フロントに伝統的なダブルウイッシュボーンサスペンションを、そしてリヤには専用開発した新型のマルチリンクサスペンションを採用しています。

    マルチリンクサスペンションは、横方向に対する車両の剛性を高いレベルで維持しつつ、前後方向の柔軟性を向上させます。こうした効果により、車両は路面の凹凸を見事に吸収するとともに、騒音と振動を効率的に減衰させるため、優れたハンドリング性能と卓越した走行快適性をもたらします。

    Ferrari 599で初めて導入されたSCM磁性流体サスペンションもオプションでの選択が可能です。このシステムは電子制御可変減衰力システムで、従来の油圧式システムよりも鋭いレスポンスを示します。

    その結果、スポーツ走行時に発生する車体の挙動を大幅に抑えることができることから、よりダイナミックな走りが可能になります。

    主要諸元

    V8エンジン

    新型デュアルクラッチトランスミッション(DCT)が、スポーツ走行時の快適性とパフォーマンスを向上させます。

    最高出力

    338 KW

    (460 CV)

    at 7750 rpm

    加速 0-100KM/H

    4,0 秒

    0-100km/h

    スペシャル

    リトラクタブル・ハードトップ

    全長 4563 mm
    全幅 1902 mm
    全高 1308 mm
    ホイールベース 2670 mm
    トレッド 前 1630 mm
    トレッド 後 1605 mm
    乾燥重量 1630 kg
    総重量 1735 kg
    重量配分 前後47% 53%
    タンク容量 78 l
    トランク容量 340 l - 240 roof closed
    タイプ フロント縦置き・90度 V型8気筒
    ボア・ストローク 94 x 77,4 cc
    総排気量 4297 cc
    圧縮比 12,2:1
    最高出力** 338 kW (460 CV) at 7750 rpm **
    最大トルク 485 Nm (49 kgm) at 5000 rpm **
    最高速度 310 km/h
    0-100 km/h 4.0 秒
    0-400 m 12.2 秒
    0-1.000 m 22.1 秒
    ブレーキ径 前 390 x 34 mm
    ブレーキ径 後 360 x 32 mm
    F1-トラックシステム付きCST 横滑り防止装置
    TPTMS タイヤの圧力および温度監視システム
    サスペンション 前 ダブルウィッシュボーン
    サスペンション 後 マルチリンク
    燃料消費 ECE+EUDC* 13.1 l/100 km
    CO2排出量 ECE+EUDC* 305.6 g/km
    * ヨーロッパ仕様
    フロント 245/40 ZR19"
    リア 285/40 ZR19"
    フロント (オプション) 245/35 ZR20"
    リア (オプション) 285/35 ZR20"

    ディーラー検索


    マルチメディア