Ferrari Enzo Ferrari - 2002

概要

Enzo Ferrari

2002年

長年にわたってフェラーリは、同社がロードカーに導入してきたテクノロジーの頂点を示す一連のスーパーカーを発表してきました。GTO、F40、F50などがこれに当たります。

2002年、フェラーリの超高性能ファミリーにエンツォ・フェラーリが加わりました。最新のF1テクノロジーとノウハウをロードカーで表現したモデルです。

フォーカス・オン

Ferrari Enzo Ferrari - 2002

エンツォはちょうど400台が製作されました。先進的なコンポジットによるボディ、カーボンファイバーとアルミをハニーカム状にサンドウィッチしたシャシーが特徴で、5998cc 65°V12は660hpを発生しました。あきらかにF1からインスピレーションを得た最先端技術によるエアロダイナミクスが自慢で、ダウンフォースは300km/hで最大値の775kgに達し、その後徐々に減少しつつ最高速350km/h時点では585kgを示します。

続き

ストーリー

フェラーリは、一定の間隔で各時代の技術的、性能的な頂点となる究極のスポーツカーを開発し、ロード・カーとして提供してきました。このポリシーは、フェラーリの歴史を通して最も驚異的なモデルを生み出すことになりました。各モデルは、性能に根差したエンジニアリングを芸術の域にまで高めたもので、最近のもので言えば、 288 GTO 、 F40 、 F50 といったモデルがそれにあたります。これらのモデルが他と一線を画す理由は、性能だけではなく、貴重な限定生産車だったからという理由にも起因しています。そして、 2002 年、わずか 399 台しか生産されなかった特別限定モデル、エンツォ・フェラーリが新たに加わりました。

フォーミュラ・ワンで印象的な連勝を遂げていた時期の技術的革新により、エンツォ・フェラーリはサーキットで培った最新テクノロジーを秘めています。フェラーリは、フォーミュラ・ワン スタイルのマン・マシーン インターフェイスの利用を通じて、ドライバーのキャパシティを実際に高めていく、統合的なシステムをエンツォに投入しました。

Ferrari Enzo Ferrari - 2002
Ferrari Enzo Ferrari - 2002

それまで、フェラーリのスタイリングが、機能によってこれほど影響されたことはありませんでした。風洞やサーキット、公道での実験は、確固として可能な限りの最大限の性能の追求に焦点が合わせられ、その結果として妥協なきモデルが生まれました。エンツォのフロント・セクションは、形状と機能の両面から、フォーミュラ・ワンのノーズコーンにインスパイアされています。そのコンポジット・フランクは、流体力学をもとに内部の優れた整流のために造型されています。

非常に微妙な空気の流れも洗練し、効果的なグランドエフェクトをエンジニアが選んだため、テールセクションにはリアウイングもありませんでした。ピニンファリーナはこれらと他の機能を融合して壮大なデッサンを成し遂げ、信じがたいほどのカリスマ的な造型を実現しました。

ボディ

このモデルの妥協なきスタンス、コンパクトなサイズと軽い車重は、厳密な機能を持つキャビンの実現を目的としています。主要なパーツはカーボン・ファイバーであり、ステアリング・ホイールには、フォーミュラ・ワン カーのように、マシン・コントロールのためのボタンやスイッチが並んでいます。レーシングシートでさえカーボン・ファイバー製です。これらは、オーナーのドライビングスタイルや体型に合わせて、異なるバックレストとシートサイズが組み合わせることができます。

エンツォは新世代のキャビン・スタイリングの先駆けとなりました。マン・マシーン インターフェイスは以前より更に深まり、車輌の性能を最大限に発揮させるべく、ドライバーが最適なポジションをとるために、たゆまず努力をしていたのです。

F50はフォーミュラ・ワンのテクノロジーを公道上に持ち込んだ最初のモデルとして自動車史にその名を刻むことでしょう。その理由は、 1990 年のシングルシーターで使用されたF1ユニット直系のエンジンにあります。一方エンツォは、サーキットと公道、両方からのノウハウを融合することを主に焦点とし、ソリューションの領域を広げています。軽量な V12 エンジン、カーボン・ファイバー製ブレーキ・ディスク、マンマシーン・インターフェイス、エアロダイナミクスなど、このソリューションの多様性は、それ以後のフェラーリにも具現化されていくことになりました。

また、エンツォのシャシーは全体がカーボン・ファイバーとアルミニウム製ハニカム・サンドウィッチ パネルで作られ、剛性、重量軽減、安全性の観点から必要とされるものすべてを満たしています。

Ferrari Enzo Ferrari - 2002
Ferrari Enzo Ferrari - 2002

エンジン

エンツォ・フェラーリは、 65° V12 エンジンで、フォーミュラ・ワンの経験から設計された幾つかの技術的ソリューションを備えています。総排気量は 5998 ccで、 7800 回転、最高出力 660 馬力、 5500 回転で最大トルク 67 kgm。コンプレッション・レシオは 11.2 、具体的パワーアウトプットは 110 CV/lt です 。新しい V12 は、膨大なパワー、低回転での巨大なトルク、幅広い使用レンジのバランスを追求。リアに搭載されたギア・ボックスは、 F1 と同じようにエンジンに直接連結されています。

エンツォ設計におけるプライオリティは、超絶的スポーツ・ドライビングを提供するためのギアシフト時間の短縮です( 0.150秒に短縮されました)。これは、新しいコントロール理論と快適さを考慮しながらの改良が功を奏したのです。

エンツォのブレーキ・システムはブレンボと CCM (カーボン・セラミック素材)ブレーキ・ディスクによって特別に開発されたものです。フォーミュラ・ワンではカーボン・ブレーキは長期に渡って使用されているので、スクーデリア・フェラーリからのノウハウが大きく貢献。エンツォのブレーキ・パフォーマンスの成果がベンチマークとなりました。

Ferrari Enzo Ferrari - 2002

高精細「エンツォ・フェラーリ」の厳選ベスト・ショット。フォトギャラリーでは、この2002年型フェラーリ・モデルの細部および最も重要部分とともに車輌の際立つ特徴をお愉しみいただけます。

高精細「エンツォ・フェラーリ」の厳選ベスト・ショット。フォトギャラリーでは、この2002年型フェラーリ・モデルの細部および最も重要部分とともに車輌の際立つ特徴をお愉しみいただけます。

主要諸元

V12 エンジン

タイプ ミドシップ縦置き・ 65度 V型12気筒
ボア・ストローク 92 x 75.2 mm
1気筒あたり排気量 499.90 cc
総排気量 5998cc
圧縮比 11.2 : 1
最高出力 485 kW (660 hp) at 7800 rpm
リッターあたり出力 110 hp/ℓ
最大トルク 657 Nm (67 kgm) at 5500 rpm
バルブ作動システム DOHC1気筒あたり4バルブ
燃料供給 ボッシュ・モトロニック ME7インジェクション
点火装置 ボッシュ・モトロニック ME7点火システム
潤滑システム ドライサンプ
クラッチ ツインプレート
フレーム カーボンモノコック+新素材
サスペンション 前 独立懸架、ダブルウィッシュボーン、コイルスプリング、電子制御式ショックアブソーバー、アンチロールバー
サスペンション 後 独立懸架、ダブルウィッシュボーン、コイルスプリング、電子制御式ショックアブソーバー、アンチロールバー
ブレーキ カーボンセラミック・ ディスク
トランスミッション F1 前進6段+後進1段
ステアリング ラック&ピニオン
タンク容量 110ℓ
タイヤサイズ 前 245/35 ZR 19
タイヤサイズ 後 345/35 ZR 19
タイプ 2座クーペ
全長 4702 mm
全幅 2035 mm
全高 1147 mm
ホイールベース 2650 mm
トレッド 前 1660 mm
トレッド 後 1650 mm
車重 1255 kg(乾燥重量)
最高速度 350 km/h
0-100 km/h 3.65 秒
0-400 m 11.00 秒
0-1000 m 19.60 秒