Ferrari F430 GTC - 2006

概要

F430 GTC

2006年

目を見張るほど美しいフェラーリF430 GTC は2006年シーズンにデビューしました。マラネロのコルセ・クリエンティ部門がミケロット・アウトモビリの協力を得て開発したモデルで、F430ロードゴーイング・ベルリネッタをベースにしています。デビュー以来、出場したクラスで圧倒的な強さを誇りました。

主要なレースリザルトは以下の通りです。2006年と2007年のFIA GT2のマニュファクチャラーズカップおよびドライバーズタイトル。2008年のFIA GT2のドライバーズタイトル。2007年アメリカン・ルマンGT2シリーズのマニュファクチャラーズカップ。2008年ルマンLMGT-2クラス優勝。

続き
Ferrari F430 GTC - 2006
Ferrari F430 GTC - 2006

GTレース

これまでフェラーリはGTレースにおいて、輝かしい歴史を誇ってきました。特に 1950-60 年代には、フェラーリ・ドライバーによるワークス参戦をはじめ、多くのクライアントを通じたプライベート・チームによる参戦などで、世界中のサーキット・レースや公道レースで数々の勝利を収めました。

フェラーリにとってGTレースへの参戦は2つの役割があります。ひとつは、F1と同様に、GTレースを新しい市販モデルの開発の場として利用するため。そしてもう一つは 2006年コルセ・クリエンティ部門がミケロット・アウトモビーリとともに開発した 430 GT2 のプライベート・チームへの提供を通じて創り上げた伝説をさらに大きなものとすることです。430 GT2は、このカテゴリーにおいて最も成功した車輌であることはレース・リザルトが証明しています。2011 年、 F430 GTC は、 ミッドシップ V8 フェラーリの458 イタリアをベースとした新型 458 GT2 (ワンメイク選手権車輌として 5 代目となる車輌)へバトンを渡します。この458 イタリア GT2は430 GT2同様GT2 、 GT3 レース仕様のマシンとしてミケロット・アウトモビーリとの共同で開発された車輌です。

高精細「F430 GTC」の厳選ベスト・ショット。フォトギャラリーでは、この2006年型フェラーリ・モデルの細部および最も重要部分とともに車輌の際立つ特徴をお愉しみいただけます。

主要諸元

V8 エンジン

タイプ 90° V型8気筒
ボア・ストローク 92 x 75,15 mm
総排気量 3996 cm3
圧縮比 0:00
Engine intake with twin Ø 28.6mm、FIA-ACO レギュレーションに準拠
最高出力 335 Kw (450BHP) /7000 rpm
最大トルク 490 Nm / 5500 rpm
シャシータイプ アルミニウム合金エンジンブロック
フロントタイヤ 325/650/18” Pirelli
フロントタイヤ 30/65/18” Michelin
リアタイヤ 325/705/18” Pirelli
リアタイヤ 31/71/18” Michelin
フロントタイヤ 380 x 34 mm
リアタイヤ 332 x 32 mm
全長 4512 mm
全幅 2000mm
全高 1175 mm
ホイールベース 2608 mm
トレッド 前 1696 mm
トレッド 後 1640 mm
乾燥重量 1245 Kg