Ferrari Mondial Quattrovalvole - 1982

概要

Mondial Quattrovalvole

1982年

いずこの自動車メーカーも、ほぼ例外なくパワーと動力性能を向上させるためにターボ路線を突き進みました。そして燃費とメカニズムに要するコスト増には目をつぶったのです。フェラーリのエンジニアも小排気量のV8ではターボを採用しましたが、製品系列のなかでも主流に近いモンディアルには1気筒あたりの4バルブ化を選びました。

フォーカス・オン

Ferrari Mondial Quattrovalvole - 1982

32バルブヘッドを備え、240bhpを発揮するモンディアル クワトロヴァルヴォーレには、機構面で308と同じ変更が施されていました。結果として従来型より回転の上がりが鋭くてパワフルなエンジンが完成し、このモデルが本来備えるスポーティなキャラクターが鮮明になったのです。

モンディアル・クワトロヴァルヴォーレは1982年に登場したモンディアル8の後継車です。モデル名のクワトロヴァルヴォーレは 1気筒あたり4バルブを示します。ちなみに先代モデルは1気筒あたり2バルブでした。4バルブヘッドにより大幅なパワーアップを果たし、パフォーマンスも向上しました。モンディアル8も路上で遭遇する大抵のクルマより優れた動力性能の持ち主でしたが、それでもフェラーリの標準からすると物足りないと指摘されていたのです。

続き

ボディ

モンディアル8同様、モンディアル・クワトロヴァルヴォーレもウェッジボディで、フロントバンパーの下にラジエターグリルが位置しました。

大きく横まで回り込んだブラックのプラスチック製前後バンパー、ドア後方のボディサイドに備わった、エンジンに空気を取り込む大きな台形をしたインテーク、1組の丸形テールライトアッセンブリーなど、全体の形状は先代モデルと同じです。テールパネルにつくエンブレムが“Mondial 8”から“Mondial Quattrovalvole”に代わったのを別とすれば、ボディに変更はありません。一方、センターコンソールのレイアウトを中心に、インテリアは軽いモディファイを受けました。

コンソールはフロントバルクヘッドまで伸ばされ、そこにベンチレーションレバーが備わり、ラジオの位置がギアレバー後方から見やすい前方に移りました。ドアパネルでは、ポケットとドアハンドルのデザインが変わりました。革巻きステアリングホイールは従来、スポークにスロットが開いていたのですが、このスロットがなくなり、ブラックの梨地仕上げになりました。

ヨーロッパ仕様のモンディアル・クワトロヴァルヴォーレは社内呼称ティーポF 108 BL 100のチューブラースペースフレームシャシーに構築され、ここにリアサブフレームがボルト留めされました。エンジン、トランスミッション、リアサスペンションがアッセンブリーで取り外せたので、メンテナンスが楽にできました。

Ferrari Mondial Quattrovalvole - 1982
Ferrari Mondial Quattrovalvole - 1982

エンジン

1気筒あたり4バルブであることを別にすれば、モンディアル・クワトロヴァルヴォーレのV8エンジンの基本設計はモンディアル 8と同じで、ボッシュのKジェトロニック燃料噴射と、マレリのMED 803Aデジプレックス電子制御点火システムを備えていました。公表出力はヨーロッパ仕様が235bhp、アメリカ仕様が230bhpでした。バンクの挟み角は90度で、コッグドベルト駆動のDOHCです。81mm x 71mmのボア・ストロークから2926ccの排気量を得ていました。ヨーロッパ仕様の社内呼称はティーポF 105 A 000。クワトロヴァルヴォーレのエンジンは、インテークキャスティングがエレガントなレッドの焼き付け塗装が施されているので見分けがつきます。ここには機械加工によるリブが入り、“Ferrari Quattrovalvole”と浮き彫りされていました。

エンジンはオールシンクロ5速ギアボックスと一体に横置きされました。トランスミッションはエンジンのウェットサンプの下、後方に位置しました。サスペンションはウィッシュボーンによる全輪独立で、コイルスプリング/ダンパーユニットと組み合わされ、前後にアンチロールバーが備わりました

同時期の308GTB クワトロヴァルヴォーレと同じくハンドルは右と左どちらでも選ぶことができました。また、世界各国向けの仕様が用意されました。ところでフェラーリの生産モデルはシャシーナンバー75000以降、偶数と奇数が併用されます。モンディアル・クワトロヴァルヴォーレの生産期間はこの数字より前だったので、すべて奇数のシャシーナンバーが打刻されました。1982年から1985年までの生産期間に、シャシーナンバー41737から59131にいたる1145台が作られました。

Ferrari Mondial Quattrovalvole - 1982

主要諸元

V8  エンジン

タイプ ミドシップ縦置き・90度V型8気筒
ボア・ストローク 81 x 71 mm
1気筒あたり排気量 365.86 cc
総排気量 2926 cc
圧縮比 9.2 : 1
最高出力 176 kW (240 hp) at 7000 rpm
リッターあたり出力 82 hp/ℓ
最大トルク 260 Nm (26.5 kgm) at 5000 rpm
バルブ作動システム DOHC1気筒あたり4バルブ
燃料供給 ボッシュKジェトロニック・インジェクション
点火装置 1気筒あたり1プラグ
潤滑システム ウェットサンプ
クラッチ シングルプレート
フレーム スチール製チューブラーフレーム
サスペンション 前 独立懸架、ダブルウィッシュボーン、コイルスプリング、筒型ショックアブソーバー、アンチロールバー
サスペンション 後 独立懸架、ダブルウィッシュボーン、コイルスプリング、筒型ショックアブソーバー、アンチロールバー
ブレーキ ディスク
トランスミッション 前進5段+後進1段
ステアリング ラック&ピニオン
タンク容量 87ℓ
タイヤサイズ 前 240/55 VR 390
タイヤサイズ 後 240/55 VR 390
タイプ 2+2クーペ
全長 4580 mm
全幅 1790 mm
全高 1260 mm
ホイールベース 2650 mm
トレッド 前 1495 mm
トレッド 後 1517 mm
車重 1430 kg(乾燥重量)
最高速度 240 km/h
0-100 km/h -
0-400 m 14.8秒
0-1000 m 27.5秒