599 GTO: 史上最速の フェラーリ ロード・モデル

この 599GTO を手にすることができるのは、最高レベルの走りを追求する 599 人のみ。フェラーリのレーシング・テクノロジーを凝縮した 599GTO は、フィオラーノ・サーキット (イタリア) において、1 分 24 秒というラップ・タイムを記録しました。

この記録は、ロード・モデルとして驚異的なタイムであることは間違いありませんが、 599 GTO の潜在能力を示す一つの要素にすぎません。670 馬力を出力するエンジンと重量 1,495 Kg であるボディとの組み合わせにより、パワー ウエイト・レシオはわずか 2.23 kg/hp、停止状態から時速 100 km/h までの到達所要時間 3.35 秒という加速性能を実現。最高時速は実に 335 km/h 超を誇ります。

シャシーに施した革新的なアプローチも、この驚異的な動力性能を支えます。フェラーリのロード・モデルでは初めて、限界域でのステアリングの応答性を向上する電子制御式ダンパーを採用。アンダー・ステアを大幅に解消し、ドライバーと対話するシャシーに仕上がりました。

「すべてのニュー・モデルに革新を搭載する」それがフェラーリのポリシーです。599 GTO は第 2 世代へと成長を遂げたカーボン セラミック・ブレーキを装備し、軽量化と制動力の向上を両立。また、“ホイール・ドーナツ” (ホイール内部を覆うドーナツ形状のエアロ・パーツ) の導入で空気抵抗の低減とブレーキの冷却能力を同時に改善するなど、空気力学上で効率的な新技術も導入しました。ミシュラン社が開発を担当したタイヤ “スーパー・スポーツ” は強力なグリップ力を発揮します。インター・フェイスに採用した “ VRE(バーチャル レース・エンジニア)” は、リアル・タイムでマシンのコンディションをドライバーに表示します。

599 GTO のアグレッシブなキャラクターは、599 XX を想起させるスタイリングや迫力ある V12 エンジンのエグゾースト・サウンドからも感じ取ることができます。

フェラーリには、過去にも “GTO (グラン トゥーリズモ・ホモロゲーション)” の称号を頂くモデルが存在します。ひとつは、1962 年に発表した“250 GTO”。60 年代の GT クラス・レースで圧倒的な強さを誇り、今もなおその伝説は語り継がれています。1984 年、“288 GTO” で再び GTO の称号は復活。スーパー・カーと総称されるジャンルを生みだしたのは、グループ B クラスのホモロゲーション・モデルとして登場したこの 2 代目の GTO でした。 GTO の称号を背負うモデルは、いつの時代にあっても、ハイ パフォーマンス・カーの代名詞として世界に君臨する宿命を背負っているのです。

Ferrari.comで公開中の特集ページでは、599 GTO に関する写真、動画、関係者インタビューを配信中です。4 月 14 日には、限られた顧客を対象にモデナの陸軍士官学校でプレビューを開催する予定です。待望の一般公開は、4 月末の北京国際モーター・ショウで開催予定です。