フェラーリ・チャレンジ・トロフェオ・ピレリ APACシリーズ

フェラーリ・チャレンジ・トロフェオ・ピレリ APACシリーズ

GT & スポーツカー

オーストラリア、メルボルンでシーズン開幕

2018年3月21日、オーストラリア・メルボルン発 フェラーリ・チャレンジ・トロフェオ・ピレリ・アジア・パシフィックシリーズが今週末(3月23-25日)、豪州メルボルンのグランプリコース、アルバート・パーク・サーキットで開幕します。

今年のAPACシリーズは、史上初めてメルボルン、アルバート・パーク・サーキットで開幕した後、4月にはニュージーランドのハンプトン・ダウンズで第2戦が開催されます。レースの公式カレンダーには、上海国際サーキット、富士スピードウェイ、鈴鹿サーキットなど、おなじみのサーキットも組み込まれています。夏休み明けの9月、フェラーリ・チャレンジはシンガポールに場所を移し、フォーミュラ1シンガポールGPのサポートレースとして開催されます。その後、11月1-4日には、今年の「フィナーリ・モンディアーリ」が開催されるイタリアのモンツァ・サーキットに向かいます。「フィナーリ・モンディアーリ」には、フェラーリ・チャレンジ全エリア(欧州、北米、アジア・パシフィック)のドライバーが集結し、伝統のシーズン最終戦を戦います。クライアントおよびファンの方々には、Ferrari 488 Challenge 車輌 のレースでのアグレッシブな走りをご覧いただけます。

今シーズンは、2017年アジア・パシフィック・トロフェオ・ピレリでチャンピオンとなったオーストラリアのマーティン・ベリー氏をはじめ、何名かの元 458 Challenge EVO ドライバーがFerrari 488 Challenge 車輌に乗り換え、同クラスに参戦するため昨年以上に激戦となることが予想されます。

また、イタリアのフィリップ・プレッテ氏、日本のKen Seto 氏など、昨年の各クラス・チャンピオンは、今年、間違いなく死力を尽くしてトロフェオ・ピレリ・クラス優勝を狙ってくるでしょう。このフェラーリ・チャレンジには、世界中のフェラーリ・ドライバーが参戦できます。ドライビング・スキルと経験によって「トロフェオ・ピレリ」、「コッパ・シェル」、「コッパ・シェルAM」と、3つのクラスに分かれています。オーストラリア、中国、台北、香港、インドネシア、アイルランド、イタリア、日本、韓国、レバノン、マレーシア、ニュージーランド、シンガポール、タイ、米国、総勢15の国籍を有するジェントルマン・ドライバーがメルボルンに集結します。

チャレンジ・ドライバー達は、今週、3回のプラクティス・セッションを走ります。開幕戦のレース1 は、3月24日(土)現地時間10:45(日本時間:08:45)、レース2 は、3月25日(日)現地時間10:50(日本時間:08:45)スタートです。