概要

エクスペリエンスの 新次元の世界

革新、多様性、性能、軽快さ、優雅さ、その全ての言葉が Ferrari GTC4Lusso の中でシームレスに融合し、これまでにない全く新しい世界を創造しました。

パワフルでありながら洗練さを備え、軽快でありながらラグジュアリー。フェラーリの新型12気筒モデルは、あらゆる走りを根本的に真に異なる体験に変えてくれます。ソロ・ドライブでもフルに4名が乗車してのドライビングでも、新たにフェラーリ・ラインナップに加わったGTC4Lussoは、搭乗した全ての方々をこれまでにない新しい世界へと誘います。

GTC4Lusso
フォトギャラリー

続き

Ferrari GTC4Lusso は、数々の素晴らしいエモーションを堪能していただけるよう設計されました。四輪操舵システムと四輪駆動との組み合わせで極端なロー・グリップ・コンディションであっても、それを物ともしないスポーティーなパフォーマンスを発揮します。端的に言えば、洗練さに磨きをかけたスタイリッシュな車輌でありながら、チャレンジングなワインディングでも長いストレート・ルートでも、一貫した秀逸な快適性が長旅に楽しみをもたらし、これまで以上に遠い目的地への到達を可能とします。


圧倒的なスポーツ性能、優れた機動性、際立つエレガンス ユニークな特徴を備えた Ferrari GTC4Lusso

新型 Ferrari GTC4Lusso の登場によって、これからの スポーティーな 4 シーター 4WD グランドツアラーのコンセプトは刷新されます。この GTC4Lusso のネーミングは、エンツォ・フェラーリが愛した 330GTC および、その2+2 モデルである 330GTC、あるいは高性能とエレガンスを高い次元で両立させた 250GT Berlinetta Lusso 等の輝かしいモデルに由来したもので、数字の「4」は、快適な4名乗車を可能とする4シーター・モデルであることを示します。

このモデルは、単独ドライブはもちろん、時には幸運な3名のパッセンジャーとともに、ショート・ドライブから長距離旅行まで。また、雪に覆われた山岳ルートおよび市街地のストリートなど、フェラーリならではのエキサイティングなドライビング・エクスペリエンスを、いつでも、どこでも楽しみたいという方に向けて設計されました。キャビンの快適性、スポーティーなエレガンス、そして秀逸なディテールといった重要な要素には一切の妥協を許さず、しかも、いつでもパワフルなドライビングを存分に楽しみたいというお客様のご要望にお応えするモデルです。

搭載するエンジンは、スムーズかつ十分なパワーを備えた12気筒です。アクセルを踏み込めば、立ちどころに最高出力 690 cv/ 8,000 rpm という圧倒的なパワーを発揮します。パワーウェイト・レシオ 2.6 kg/ cv、圧縮比 13.5:1 という数値は、同クラス・エンジンの新記録です。最大トルクは 697Nm/ 5,5750 rpmで、その 80%をわずか1,750rpm から発生させるため、低回転域での走行においても鋭いレスポンスを発揮します。このモデルのオールラウンドな特徴は、スポーツ・ドライビングでは豊かでパワフルなサウンドを、市街地でのクルージングでは耳に心地よいハーモニーを奏でるエグゾースト・サウンドにも表れています。

備考: 表示してある燃料消費量およびCO2排出量の値は、型式認証を受ける時点で適用されていた欧州規則(EC) 715/2007に基づいて算出されたものです。

燃料消費量およびCO2排出量の値は、HELEシステム搭載車をNEDCサイクルでテストした場合のものです。

続き

WLTP:欧州における燃費、CO₂および公害物質排出認証のための新試験

乗用車を市場で販売するためには、規制適合を検証するための一連の試験を受ける必要があります。燃費、CO2および公害物質排出が評価されるこの試験は、ラボで特定のドライビング・サイクルに基づいて実施されます。こうすることで、試験は再現可能となり、結果が比較可能になります。これは、消費者が異なる自動車のモデルを比較できるのは、標準化された再現可能な手順に基づいて実施されるラボでの試験のみであるため、重要です。

2017年9月1日に新たな国際調和排ガス・燃費試験(WLTP)が施行され、新欧州ドライビング・サイクル(NEDC)から段階的に移行されます。

NEDC(新欧州ドライビング・サイクル):NEDCは、乗用車および小型商用車の燃費およびCO2排出量を測定するために現在まで使用されてきた欧州ドライビング・サイクルです。最初の欧州ドライビング・サイクルは1970年に導入され、市街地走行と呼ばれました。1992年には、郊外モードが採用され、1997年以降燃費およびCO2排出量の測定に使用されるようになりました。ただし、このサイクルの構成は、現在の異なるタイプの道路でのドライビング・スタイルおよび走行距離と一致しなくなっています。NEDCの平均速度はわずか34 km/hで、加速も緩慢で、最高速度はわずか120 km/hです。

WLTP:WLTPは、新たな国際調和排ガス・燃費試験サイクル(WLTC)を使用して、乗用車および小型商用車の燃費、CO2および公害物質排出量を測定します。この新規制は、消費者に自動車の日常使用状況をより正確に反映した、より現実的なデータを提供することを狙いとしています。

この新たなWLTPは、より鋭い加速を伴う、よりダイナミックなドライビング・プロファイルが特徴です。最高速度は120 km/hから131.3 km/hに引き上げられ、平均速度は46.5 km/hとなり、合計サイクル時間は30分となっています(NEDCは20分)。走行距離は、11 kmから23.25 kmに倍増しています。WLTP試験は、最高速度に応じて、 低速(最高速度56.5 km/h)、中速(最高速度76.6 km/h)、高速(最高速度97.4 km/h)、最高速(最高速度131.3 km/h)の4つの区分で構成されます。これらの区分で、市街地、都市周辺、郊外の道路、および高速道路の各モードをシミュレーションします。この方法は、1台の車両の特性を反映しCO2排出量に影響するエアロダイナミクス、転がり抵抗および車両の質量に影響を与えるすべての車両オプションも対象となります。

NEDCとWLTPの比較

 NEDCWLTP
サイクル時間 20分 30分
距離 11 km 23.25 km
最高速度120 km/h131.3 km/h
平均速度 34 km/h 46.5 km/h
ドライビング・モード2 モード4 モード(よりダイナミック)
オプション装備の影響考慮しない追加的な特徴(車両毎に異なる場合がある)を考慮する
ギアシフト固定ギアシフト・ポイント車両毎に異なるギアシフト・ポイント
停止時間24%12.5%

NEDCからWLTPへの移行

WLTPは、段階的にNEDCを置き換えていきます。WLTPは、2017年9月1日以降、新型乗用車モデルに適用され、2018年9月1日以降に登録されるすべての新型乗用車に適用され、すべての欧州連合加盟国で義務付けられます。

2020年末までは、車両の書類にはWLTPおよびNEDC両方の燃費およびCO2排出量の数値が記載されます。実際に、2020年末まで、EUで登録される自動車の平均CO2排出量を評価するために、NEDCの値が使用されます。また、国によっては財政上の目的のために、継続してNEDCのデータを使用します。しかし、2021年以降、すべての自動車の燃費 / CO2排出量の数値として使用されるのは、WLTPのデータのみとなります。中古車はこの移行には影響されず、認証を受けたNEDC値を使用します。

乗用車の走行燃費と排出ガス
この新たなWLTP試験は、NEDC試験よりも現在の走行状態に近くなっていますが、ドライバー個人のドライビング・スタイルの影響など、すべてのケースを考慮することは不可能です。

よって、ラボで測定した燃費とCO2排出量の値と、実際に車両を使用した場合の値に差があります。この差は、オンボード・システム(エアコンなど)の使用、交通状況、地域固有の気候条件、およびドライバー個人などの条件によって異なります。

この理由から、車両および異なるモデルを公平に比較できる数値を得られるのは、標準化されたラボでの試験のみです。

お客様にとって変わること

この新たなWLTPは、より現実的なドライビング行動を反映し、個別のモデルおよびバージョンとオプション装備を含む個々の技術的特性を考慮するため、異なる車両モデルの燃費とCO2排出量を比較するためのより現実的な基準を提供します。

主な
受賞歴

受賞歴
最も美しいスーパ...

フェスティバル・オートモービル・インターナショナル、パリ

デザイン

スポーティ・エレガンス

スポーツ性とGT的要素をさり気なく融合した、 GTC4Lussoのダイナミックかつ極めてユニークなフォルムには、優雅さと高級感が漂います。

GTC4Lusso のキャビン

スポーティー・ ラクジュアリーカーの 頂点

究極の洗練されたキャビンは、乗る人を中心にすべてデザインされています。

このデュアルコクピット・コンセプトは、ドライバーだけではなく、すべてのパッセンジャーがより高レベルのドライビング・エクスペリエンスを共有できるようデザインされました。ダッシュボードに装備された新設計のセンター・クライメイト・コントロールベントをはじめ、最新のナビ・メディア・システムなど、キャビンの快適性の改善に力が注がれています。

GTC4Lusso のキャビン

GTC4Lussoでは、マン・マシンインターフェースもさらに進化させ、ドライバーコックピット全体のデザインを再設計しました。新型エアバッグが小型化されたため、ステアリンホイールをよりコンパクトにすることができました。

さらに、ステアリングホイール上部とスポークとのスペースから確認できるよう配置した計器類も見やすくなりました。コントロールも一新し、人間工学的な観点から操作性を向上させるべく、フォルム、機能、配置を改めました

GTC4Lusso のキャビン

フロント・パッセンジャーエリアも細心の注意を払って設計されました。パッセンジャーコックピットは、すべてのコントロールスイッチに簡単に手が届くようデザインされています。ソフト・タッチのアームレストによって、快適性を向上させる一方、実用的なイージーアクセス・ストレージ・コンパートメントも備えています。また、搭載する専用LCDタッチスクリーンが、キャビンに現代的な最新モデルならではの躍動感をもたらします。

GTC4Lusso のキャビン

センター・トンネルは、デバイダーとして機能するだけではなく、前後のパッセンジャーを一体化し、贅沢で寛げるリビングのような環境を整えます。さらに、大型で快適なラップアラウンド・シートも快適性の向上に寄与しています。

これら革新的な機能とは別に、キャビンで最も強調すべき点は、厳選した素材を適所に組み合わせて使用することで、キャビンを豊かな空間に仕立て上げた美しいクラフトマンシップがあります。

Ferrari GTC4Lusso のボディ

ダイナミックな 彫刻的ライン

フェラーリ・デザインによって生まれた GTC4-Lusso のエクステリア・ラインは、シューティングブレーク・クーペのコンセプトをさらに洗練させ、リアに向かって流れるように細くなるシェイプがファストバックのようなシルエットを描きます。

4名のパッセンジャーに対して充分なスペースと快適性、そして十分なラゲッジ・コンパートメントを維持しながら、ルーフ後端で低く落ちるリアのフォルムとスタイリングが、このモデルのスポーツ性を強調します。


Ferrari GTC4Lusso のボディ

リア・エンドのデザインを際立たせるのは、フェラーリ伝統のツイン・テールライトです。このテールライトは、力感あふれるフェンダーラインおよび車輌のワイド感を強調するだけではなく、テールパイプとともにリア・デザインの圧倒的なパワー感覚を視覚に訴えます。

ボディ側面は、旋律をテーマに、彫の深いダイナミックなエッジラインが、光を拡散させることで視覚的に力感あふれるホイールアーチを強調し、彫刻的な躍動感をもたらします。

フロントは、大型のシングル・グリルが印象的です。このグリルは、エンジンをはじめとしたすべての冷却に必要な気流を取り込むだけではなく、視覚的にも圧倒的なパワー感をもたらします。

イノベーション

パワートレイン

記録的なパワー、胸躍るサウンドトラック
0-100 KM/H加速3.4秒

続き

集中的な研究開発によって、排気量6,262 cc V12エンジンの最大出力を690 cvまで強化し、GTC4Lussoが、同セグメントで最もパワフルなフェラーリとなりました。2.6 kg/cvのパワーウェイトレシオ、13.5:1の圧縮比ともに、カテゴリー最高記録です。また、最高回転数は8,250rpm です。

最大トルクは697 Nm /5,750rmp を誇り、わずか1,750 rpmからこの強大な最大トルクの80%を発揮するため、低回転域での走行でも素晴らしいレスポンスを提供します。これらの性能によって、GTC4Lussoは、機能性の面でも優れたモデルとなりました。パーフォーマンス・ドライビングはもちろん、都市部や長距離ドライブなどGTタイプの走行も難なくこなします。

もちろん最高速度335km/h、0-100km/h加速3.4秒のサラブレッド・スポーツカーとしてのずば抜けた性能もお届けします。

GTC4Lussoの出力1cv当りのCO2排出量は、わずか0.51g/km/cv(FFの場合0.55)です。最新V型12気筒エンジンの素晴らしい性能は、新設計のピストンヘッド、最も進化したアンチノック制御ソフトウェア、マルチスパーク・インジェクション、総合的な軽量化といった最新技術ソリューションを注ぎ、達成されました。

等長パイプによる6 -1エグゾースト・マニフォルドの採用をはじめ、新設計の電子バイパスバルブ、全回転域およびすべてのスロットル・レスポンス状況におけるエンジンハーモニクスなどの緻密な研究によって、GTC4Lussoは、ドライバーだけではなく、同乗者の方々の心も震わせる、キャビン全体を包み込むような独自のエグゾースト・サウンドを奏でます。高速走行時にはどこまでもパワフルに、また市街地や自動車専用道路では控え目ながら耳に心地よいエキゾーストサウンドをお届けします。

ビークルダイナミクス

グリップ状況を問わず、一貫して高性能

続き

FF はE-Diff、F1-Trac、SCM、ESC を統合した4RMシステムを導入し、あらゆる気候条件で卓越した走りを提供した最初のモデルでした。その後継モデルとなるGTC4Lussoでは、進化版4RMシステムに加えて、後輪も操舵する新たな制御・統合ロジックを搭載しています。

この改良型 4RM EVO システムに後輪操舵機能を統合することによって、新たにフェラーリが特許を取得した 4RM-S (4輪駆動、4輪操舵)システムが誕生しました。このシステムは、第4世代サイドスリップコントロール(SSC4)をベースに開発したもので、E-Diff電子ディファレンシャルおよび SCM-E サスペンション・ダンピングシステムも統合されています。

4RM EVO システム

進化版4RMシステムは、より精密度を向上させました。全般的に改善を図った前輪のトルク・マネジメントは、特にSS4ベースのトルク・ベクタリングがフロントアクスルにトルクをより素早く伝達・配分します。その結果、コーナリングの際のディファレンシャルが改善され、トルクの伝達効率がさらに向上しました。また、従来の4WDシステムに比べ、システム重量を50%に抑えるとともに、車輌重量の53%を後輪に分配する、フェラーリ独自の特許技術、PTUも巧みに活用します。実際、このPTUによって、フロントアクスルで保証される全体的なトラクションを犠牲にすることなく、利用可能なトルクの90%を外輪に伝達できるようになりました。

オンボード・エクスペリエンス

新インフォテイメント・システム

続き

外部の音を遮断する優れた遮音システムによって、GTC4LussoのインテリアはFFよりもずっと静かで快適です。当然ですが、そのためにキャビン内で耳にするフェラーリV12の特徴的なエグゾースト・サウンドが損なわれることはありません。この音響的な快適さは、シャシーとボディの接合部の剛性強化(20% )、クライメイト・コントロール・システムの静粛性向上(25%)、そして音響特性に配慮した最新素材による不快な周波数帯域のフィルタリングとダンピングによって達成されました。

センサー感度の改善には、クライメイト・コントロール・システムに環境情報を伝達するセンサー数を2倍増とし、新たにRLFSoSe(雨光アンチフォグ・ソーラーセンサー)を追加してセンサー感度を改善させました。

クライメイト・コントロール・システムは、最大性能値を強化することで、キャビンの設定温度到達時間は、従来よりも25% 早くなりました。

GTC4Lussoのグランドツアラー性能を高めるために、すべての機能、コンテンツに即座にアクセスできる最新のインフォテイメント・システムを搭載しました。10.25インチ・フルハイビジョン液晶タッチスクリーンを装備したこのシステムは、タッチスクリーン、2つのローラー、4つのボタンと、3つの方法で全機能にアクセス可能な、シンプルなインターフェースを採用しています。またスプリット・ビュー機能を装備することで、衛星ナビ画面と3Dマップといった2種類のコンテンツの同時表示が可能となりました。

主要諸元

V12パワートレイン

排気量6,262 cc V12エンジンの最大出力を690 cvまで強化

最高出力

507 kW

(690 cv)

/ 8000 rpm

加速

3.4

0-100km/h

乾燥重量/出力比

2.6 KG

/CV

形式 V12 - 65°
総排気量 6262 cc
ボア・ストローク 94 mm x 75,2 mm
最高出力* 507 kW (690 CV) / 8,000 rpm
最大トルク* 697 Nm a 5.750 rpm
最高エンジン回転数 8,250 rpm
圧縮比 13,5:1
全長 4.922 mm
全幅 1.980 mm
全高 1.383 mm
ホイールベース 2.990 mm
フロント・トレッド 1.674 mm
リア・トレッド 1.668 mm
空車重量** 1.920 kg
乾燥重量** 1.790 kg
重量配分 47% フロント - 53% リア
トランク容量 800/450L
燃料タンク容量 91 l
フロント 245/35 ZR20; 8.5” J x 20”
リア 295/35 ZR20”; 10.5” J x 20”
フロント 398 mm x 38 mm
リア 360 mm x 32 mm
4RM EVO/4WS/ 7速 F1 DCT/ E-Diff
SSC4/CST 統合 F1 TRAC、
ESP 9.0 プレミアム 制御 ABS EVO/SCM-E
最高速度 335 km/h
0 - 100 km/h 3.4 秒
0 - 200 km/h 10.5 秒
100 - 0 km/h 34 m
200 - 0 km/h 138 m
出力乾燥重量比 2,6 kg/cv
C02 排出量 350g CO 2 /km
市街地サイクル消費量 23,3 l/100km
郊外地サイクル消費量 10,8 l/100km
複合サイクル消費量 15,3 l/100km
備考: 表示してある燃料消費量およびCO2排出量の値は、型式認証を受ける時点で適用されていた欧州規則(EC) 715/2007に基づいて算出されたものです。 燃料消費量およびCO2排出量の値は、HELEシステム搭載車をNEDCサイクルでテストした場合のものです。
* 国際単位系(SI)に則して、エンジン出力はkWにて表記し、同様の理由CVでも表記しています。オクタン価 98(RON)燃料使用時
** オプション装備

マルチメディア