概要

俊敏にしてダイナミック、
心躍るドライビング

フェラーリの伝統的な4シーターV12 GT車輌のパフォーマンスを飛躍的に向上させたGTC4Lussoの成功に続き、プランシングホース(跳ね馬)初のV8エンジン搭載4シーター・モデル、GTC4Lusso Tが登場します。

新たなフェラーリのグランドツーリング・コンセプトを牽引するこのモデルは、スポーツ性と多用途性を備え、毎日のあらゆるドライビング状況に完璧に応える一台を求める方に向けてデザインされました。


Ferrari GTC4Lusso T
Ferrari GTC4Lusso T
Ferrari GTC4Lusso T - Interior

GTC4Lusso T
フォトギャラリー

続き
 

新型 GTC4Lusso Tに搭載されるパワーユニットは、3.9リットルV8ターボエンジンです。最高出力は610cv/ 7,500rpm。最大トルク760Nm を3,000〜5,250 rpmという幅広い回転域で発生させることで、いつでもパワフルな加速を約束します。これだけ高性能であるにも関わらず、燃費は抑えられており、日々の街乗りからロング・ドライブまで用途を問わず、柔軟に対応します。

このパワートレインと後輪駆動の組み合わせによって、車輌重量は劇的に軽減されました。さらに4輪操舵を装備することで、俊敏さと応答性に磨きがかかりました。リアホイール・ステアリング・システムは、最新のSCM-Eサスペンション電子制御システムであるESP9.0 に加えて、第3世代サイドスリップ・コントロール(SSC3)とも統合されています。


デザイン

純粋なフェラーリ・スタイル

ステーションワゴン・クーペをさらに洗練させたGTC4Lusso Tは、流線形を際立たせるテーパーフォルムのコンセプトを見直した結果、ファストバックのようなシルエットに仕上げられました。

調和のとれた機能的なコックピット

ドライビングエクスペリエンスの共有

デザインに対する細心の注意と入念に仕上げられたディテールにより、スポーツ性とラグジュアリー性を完璧に融合させた室内空間が誕生しました。GTC4Lusso Tに見られるもうひとつの新たな特徴は、ドライバーと他の乗員がドライビングエクスペリエンスを共有できるようにした、新しいデュアルコックピットアーキテクチャーです。ドライバーコックピットとパッセンジャーコックピットが中央の仕切りによって区切られていて、その仕切りの上には快適性に関連する共通のスイッチ類がすべてクラスター化されています。

調和のとれた機能的なコックピット

GTC4Lusso Tのマンマシン・インターフェースもさらに進化しています。ドライバーコックピットは全体が再設計され、より小型のエアバッグを新たに採用したことでステアリングホイールがいちだんとコンパクトになったことから、奥にあるインストルメントクラスターがさらに見やすくなっています。新しいスイッチ類は、エルゴノミクス性と使いやすさを改善するために、形状、機能および配置が変更されました。同様に、ドライバーの補助スイッチ類もすべてが改善され、操作しやすい位置にクラスター化されています。多大な注意が払われたのは、助手席側のエリアも同じです。

調和のとれた機能的なコックピット

特別に設計されたパッセンジャーコックピットは、すべてのスイッチ類が容易に手の届く範囲内に設置されています。また、ソフトなアームレストによって快適性が向上しているほか、実用性に配慮した使いやすい大型の収納ボックスも追加されています。専用のLCDタッチスクリーンは、洗練された外見を演出します。

真のスポーツ性を感じさせる姿勢

快適性とパワーの出合い

ルーフの曲線が下降するリヤのフォルムとスタイリングがスポーティーなスピリットを強調します。一方、4名の乗員すべてに対しては並外れた空間的余裕と快適性がもたらされるだけでなく、広々としたラゲッジコンパートメントも確保されています。フェラーリのシグナチャーであるツインテールライトがリヤを飾ります。

テールライトは、車両の力強いショルダーとワイドなボディを強調するだけでなく、テールパイプとの相乗効果によってリヤにみなぎる視覚的な力感を際立たせます。

真のスポーツ性を感じさせる姿勢

ダイナミックに刻まれたクリースラインは、車の側面に沿って旋律を奏でます。光の量を調節して、力強いホイールアーチを強調しながら持ち前のスポーツ性を明らかにするのがこのラインの特徴です。

フロントを支配する大型のシングルグリルは、必要な冷却機能を提供するだけでなく、この車が圧倒的なパワーの持ち主であることを予感させます。

イノベーション

パワートレイン

比出力 158 cv/l
最高回転数 7500 rpm

続き

インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー 2016: パワーの進化

マラネッロ製エンジンに共通することですが、GTC4Lusso TのV8ターボエンジンもまた、伝統のフェラーリ製パワーユニット・クオリティを完全に維持しています。切れ味鋭いシャープなレスポンス、溢れるパフォーマンス、速度域を問わないシームレスかつパワフルな加速、痛快なサウンドトラック、コンパクトなサイズ。シャシーに低く搭載されたエンジンがよりシャープな運動性能をもたらします。


このV8エンジンは、「2016年インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー」を受賞した一連のエンジンの最新進化版です。総排気量は3,855ccで、最高出力は610 cv/ 7,500 rpm、比出力158 cv/lというコンパクトかつ高効率なこのエンジンは、同カテゴリー最高の数値を達成しました。燃料消費量の最適化を図る一方、アクセル操作に瞬時に反応し、パワフルな加速(3,000〜5,250rpmという広い回転域で最大トルク760Nmを維持)を約束します。


フェラーリV8エンジンの特徴となっている俊敏なスロットルレスポンスの実現には、フラットプレーン・クランクシャフト、コンパクトなツインスクロール・タービン、そして3ピース鋳造エグゾースト・マニホールド、ターボ・ハウジングといった革新的なデバイスが貢献しています。等長パイプ構成のエグゾースト・マニホールドは、タービン内の圧力波の最適化を促進させます。

回転域を選ばない加速性能

GTC4Lusso TのV8エンジンで最も革新的な技術のひとつが、可変ブーストマネージメントです。これは、選択されているギアごとに最適なトルクを発生させる制御ソフトウェアで、エンジンの回転上昇とともにパワフルになるピックアップと、最適な燃料消費をもたらします。もちろん、これら全ての技術は、ドライビングプレジャーを犠牲にすることはありません。

シフトアップと歩調を合わせて(3速〜7速)エンジン・トルクは上昇し、7速で最大のトルク760Nmに到達します。同時に、このトルク・コントロールによって高めのギアのギア比を高く設定することが可能となった結果、燃料消費向上にも貢献します(現行ラインナップでは、V12エンジン・モデルよりも30%向上)。

ビークルダイナミクス

ダイナミックの本質

続き

スポーティなスタイル

フェラーリのエンジニアは、GTC4Lusso T にV8ターボエンジンと後輪駆動を採用すると決まった時、V12バージョンと同等のハンドリング特性を維持しつつ、よりスポーティーな感覚を際立たせるようビークルダイナミクスを再調整することを目標としました。車輌総重量の軽量化、そして前後重量配分を46:54とリア寄りに設定することで、4WSとSCM-Eコントロールシステムに専用のセッティングを採用しました。これらの特別なビークルダイナミック・コントロールシステムによって、GTC4Lusso Tは一層軽快かつロールを抑えた感覚をドライバーにもたらします。低速時の加速性能とフィーリングは、可変ブーストマネージメントによって強化されました。

積極的なドライビング時には、4WSシステムの後輪ステアリングによって、フロントホイールと同じ方向に後輪をステアさせることで、コーナーの進入時も脱出時も、シャープなレスポンスでステアリングからの入力に応えます。

磁性流体式SCM-Eダンパー・コントロール・システムは、GTC4Lussoと同型を搭載、これは最先端の制御アルゴリズム開発の結晶です。GTC4Lusso Tでは、新たに設定した車体の重量配分とサスペンション特性に合わせた制御モデルを採用しました。特に垂直周波数に対する感度をベースに、タイヤの接地面を最適化します。

操作系では、フロントとリアのアクスル間の反応時間は6.5% 短縮され、ステアリングホイールの操作量も2.5% 削減されました。GTC4Lussoと同様、後輪操舵システムによって、車輌の動きの予測と操作が簡単になり、限界域でのコントロール性を向上させます。

サイドスリップコントロール3.0(SSC3)は、GTC4Lusso Tの車体各部と車体制御系と連動することで、あらゆる状況下でもグリップコンディションに合わせて車輌の挙動を制御します。SSC3は、車体各部に設置したセンサーとグリップ予測からの情報を元に、リアルタイムで横滑りを検知し、各システムに取るべき動きを伝達します。車の挙動は、遭遇する様々な状況に合わせて、より精度を高め、正確にコントロールされるようになったことを意味します。

F1-TracとE-Diff電子ディファレンシャルの統合によって、左右後輪のトラクションとトルク伝達の最適化が図られました。また、ミディアムグリップ路面でのコントロール性も向上させています。

マネッティーノには5つ(Ice、Wet、Comfort、Sport、ESC OFF)の設定が用意されており、車体の構造と運動性能に加えて、後輪ステアリングとE-Diffのポテンシャルを際立たせます。2つのシステムの複合効果により、エンジンからのトルクは効率的に左右後輪に分配され、複雑なグリップ路面における左右ホイールの、それぞれ異なるスリップ量をコントロールします。後輪ステアリングは、ヨー角の予測を容易にし、必要なステアリング操作の修正量と頻度を削減させ、ターンイン、コーナリング、コーナー脱出時までの全ての過程で威力を発揮します。

車内の快適性

車外の騒音に対する遮音性の向上により、車内の音響快適性が大幅に向上しています。もちろん、フェラーリの特徴的なエンジン音を車内で楽しむことに対しては全く影響がありません。改善された防音性能が優れた隔離効果を生み出すため、乗員は、車のオーディオシステムを心ゆくまで楽しみながら、リラックスして長距離を快適に走行することができます。こうした結果は、車両シャシーの取り付けポイントにおける剛性が20%改善したことや、クライメートコントロールシステムのグレードアップによって静音性が25%向上したこと、さらには、音響特性を絞った最先端の素材を使用することで侵入周波数のフィルタリングと減衰が改善したことによるものです。

続き

GTC4Lusso Tの車内を快適な空間にしているもうひとつの重要な要因は、クライメートコントロールシステムの効率が大幅に効率していることです。車内における空気の拡散がより均一に行われるよう、新しいベンチレーションコンセプトが開発されました。感度を高められるよう、クライメートコントロールシステムに対して環境情報を中継するセンサーがほぼ倍の数になっているほか、新たにRLFSoSe(Rain LightAntiFogging Solar Sensor)も追加されています。クライメートコントロールシステムの最大性能レベルはもうひとつの注目すべき点であり、設定温度に到達するまでの時間が25%短縮されています。

主要諸元

V8パワートレイン

走行性能、快適性、ラグジュアリー:このすべてを超える GTC4Lusso T

最高出力

488 kW

(610 cv)

at 7500 rev/min

加速

3.5

0-100km/h

空車重量

1.865 Kg

形式 V8 - 90° ターボ
総排気量 3,855 cc
ボア × ストローク 86.5 mm x 82 mm
最高出力* 449 kW (610 cv) at 7,500 rpm
最大トルク* 760 Nm at 3,000 – 5,250 rpm
最高回転数 7,500 rpm
圧縮比 9.4:1
全長 4,922 mm
全幅 1,980 mm
全高 1,383 mm
ホイールベース 2,990 mm
フロント・トレッド 1,674 mm
空車重量 1,865 kg
乾燥重量** 1,740 kg
重量配分 46% フロント - 54% リア
トランク容量 450 l
燃料タンク容量 91 l
フロント 245/35 ZR20”; 8.5” J x 20”
リア 295/35 ZR20”; 10.5” J x 20”
フロント 398 mm x 38 mm
リア 360 mm x 32 mm
最高速度 >320 km/h
0-100 Km/h 3.5 秒
Urban Cycle Fuel Consumption 16.9 l/100km
Extra-Urban Cycle Fuel Consumption 8.6 l/100km
燃料消費量 11.6 l/100km
C02 排出量 265g CO₂/km
CO2 Efficiency Class G
* エンジン出力は、国際単位系(SI)に従い、kW もしくは cv(1KW= 1.3596216 cv)で表記されます。
** オプション装備の場合
*** HELE システム搭載による複合サイクル(ECE+EUDC)

マルチメディア