GTレーシング

真の
レーシング・スピリット

マラネッロ・ブランドのコンペティションの真髄、フェラーリ・アッティヴィタ・スポルティーヴェ GTでは、2種類のGTレース車輌を管理・運営しています。少なくともそのひとつは、国内外で開催される約30のFIA選手権に参戦しています。また3つのエリアで展開しているワンメイク・シリーズ、さらに「F1クリエンティ」および「XXプログラム」といった2つのエクスクルーシブな活動も実施しています。

コンペティツィオーニ GT

488 GTE
および GT3

いつの時代もGTレースは、フェラーリDNAの重要なパートです。2016年は、488 GTEと488 GT3、2つの新型モデルがレース・デビューを果たしました。ターボ・エンジンを搭載するこれらのモデルは、最も過酷な耐久レースと国内外の権威あるGTシリーズ参戦に向けて設計されました。488 GTEは、FIA世界耐久選手権のマニュファクチャラーズ・タイトルを2回獲得し、488 GT3は、100を超えるレース優勝、IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権GTDクラスの2回の優勝、そしてアジアン・ル・マン・シリーズの選手権タイトルを獲得しています。

コルセ・クリエンティ

488 Challenge
ターボ 670 hp

488 Challengeは、チャレンジ車初のターボチャージャーを搭載した最もパワフルなモデルです。488 Challengeに搭載される出力670 cvの3.9リッッターV8エンジンは、2016年と2017年の「インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー」を受賞した488シリーズのプロダクション・エンジンをベースに開発されました。

コルセ・クリエンティ

FXX K 1050 hp
9250 RPM時)
 

FXX-K は、マラネッロ初のハイブリッド車から開発したラボラトリー・カーをR&Dプログラムによってさらに進化させた車です。車名の「K」は、サーキットでのパフォーマンスを最大化させる事を目的として搭載したエネルギー回生システム「KERS」に由来します。2018年シーズンには、新しいEvoキットが導入されます。

コルセ・クリエンティ オン・ザ・ウェブ

つながっていよう

世界のレースで活躍するフェラーリのニュース、動画、画像。フェラーリの車輌、チーム、ドライバー等のインフォメーション。

ウェブサイトへ